鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    国風展 感想 その2  

    Sparrow

    お次は国風展で残念だった点です。

    改装に伴ってエスカレーターが設置されるなどして
    設備自体は良くなっていたのですが、
    大品の盆栽を照らすライトが照度の低いLEDなのが残念でした。

    おかげで今回の展示は特に大品のエリアでかなり暗く、
    葉の茂った松柏・常緑樹なんかは、中がほとんど見えませんでした。

    30代の自分ですらそうなんですから、メインターゲットの年代層の方々には
    鑑賞するにはかなり辛い暗さだったのではないでしょうか。

    更に良くなかったのが、そのLEDライトが
    白とオレンジが交互に埋め込まれたものだった点。

    LEDライトは指向性が強すぎるため、
    オレンジのライトによって照らされた部分と
    白いライトで照らされた部分が溶け合いません。

    それがどういう結果を生むかというと、
    ライトが枝葉に遮られることによって、
    出どころの違うオレンジと白の光が白いジン・シャリ部分などに
    マダラ模様に投影されてしまうんです。

    最初はそれに気付かず『汚いシャリだなぁ・・・』と思っていたんですが、
    それはシャリそのものが汚いんではなくて、
    ライトによって投影された色によるものでした。

    後半の、LEDではないライトで照らされた中品等は
    枝葉の内部まで届く明るく均質な光で照らされていたので尚更残念。

    盆栽を一番綺麗に見せてくれる光は自然光。
    勿論そこまでは求めませんが、それにしても
    もう少し改善の余地はなかったのかなぁ・・・と思います。

    category: 展示会

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 2

    コメント

    ジン・シャリ部分がマダラ模様に投影されてしまうのは良くないですね。
    内輪な感じの展示会ならまだしも、国風ですからね。
    特に写真にこだわりがある方ほどそうした部分が気になるみたいです。

    ぼくも兼ねてから展示については気になっていたんですが、
    あんなに美しい樹を作る人が、しかも枝の微妙な角度までこだわり抜いてる人が、どうして展示となるとあんなに簡単に妥協するのか不思議です。

    URL | タカヒロ #ABGOJIzM
    2013/02/13 21:26 | edit

    あれだけの数の木、全てに適したライティングっていうのを
    期待する方が間違っているのかもしれませんが、
    お金を払って見に来る以上、ベストの状態で見たいですよね。

    それならそもそもあんなに入選させなければいいのでは、
    とも思いますが、そのへんは色々事情が有りそうです。

    URL | 鱸 #DE0NOrrA
    2013/02/15 23:52 | edit

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://bonsaix.blog45.fc2.com/tb.php/804-82ce02db
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。