鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    3Dプリント鉢 わかった事  

    3Dプリント鉢に木を植えてみました。
    そしてわかった事。

    ■レリーフは前にせり出させて作るとより立体的&豪華に見えるが、
     植えつけの際にその隙間に土や根の切れ端が入り込んでしまうため、
     掃除するのが大変;

    ■表面が汚れやすい。
     釉薬をかけた鉢のように表面が滑らかではないので、泥汚れが付きやすい。
     →出力素材を変える・クリア塗装やウレタン等によるコーティングを行って凹凸を消す、
      などをすれば、ある程度は汚れも落ちやすくなるかも・・・。

    ■植え付け自体には問題なし。
     現在使用している鉢は素材が衣服に使用されるのと同じナイロンなので、
     木への影響も少ないと思われます。

     ただ、半透明に近い素材なので、鉢土内へ光がある程度透過してしまう事が
     根の成長に影響を与えるかもしれません。

    ■非常に軽い。
     とても軽いため、持ち運びは楽です。
     ただ、焼き物の鉢と比べて半分以下の重さしか無いため、
     風の強い日などには気をつける必要があるかもしれません。

    ■白い
     出力素材や着色の有無にもよりますが、自分の今回出した鉢は真っ白です。
     そのため単体で見た時には綺麗でも、鉢合わせという意味では
     明らかに浮いてしまいます。
     
     とはいえ素材を変えてカラー出力を行えば色は付けられますし、
     上で描いたように、汚れやすい=色がつきやすいという事でもあるので、
     ウェザリング等を施して、時代が乗った外観にする事は可能だと思います。

    上記のように、多々問題もありますが、焼き物では非常に難しい事が
    3Dプリンタを使えばできてしまう、というメリットは非常に大きいので、
    これからも折を見て作っていこうと思います。
    スポンサーサイト

    category:

    tb: 0   cm: 0

    3Dプリント鉢  

    6D_20140607_003_fix

    3Dプリント鉢、表面がザラザラな上に
    立体レリーフの凹凸が入り組んでいるため
    かなり汚れやすそうです。

    まぁ盆栽鉢なんて、時代が付いてナンボなので
    いいといえばいいんですが。

    とりあえず、デジタルものの利点を活かしてもう一鉢出力し、
    ひとつは保存用、もうひとつは実際に植える用として
    質感の変化を追ってみようと思います。

    category:

    tb: 0   cm: 0

    祝!3Dプリント鉢完成!!!  

    3D_Print_bonsai_pot_02

    3Dプリントした鉢が今日届きました!

    どんな出来になるか、楽しみと不安でドキドキでしたが、
    想像以上にいい出来で、ひと安心。

    出力する際には素材を選べるのですが、
    今回は一番安いナイロンで出力しました。

    サイズは幅13cm 高さ4.5cm 奥行き10cm。
    ある程度の大きさがありますが、素材が素材なので非常に軽く、
    たったの84グラムしかありません。

    感触と言い見た目といい、なんだか砂糖菓子のようで、
    水をかけたら溶けてなくなってしまいそうw

    今までは、CGで制作していてもそれはモニタの中だけに存在するもので
    ジツブツを手にする事は叶いませんでしたが、
    3Dプリンタを介する事で、生まれて初めて
    自分がCGで作ったものを手にする事ができ、感無量です。

    初めての一つを出力する事で色々わかった事もありますし、
    2つ目3つ目と盆栽鉢に限らず色んな物を
    制作・出力してみようと思います。

    3D_Print_bonsai_pot_03

    category:

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。