鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    秋の棚場  

    久しぶりに盆栽屋.comを見ると、
    『 いまや盆栽を育てる上で、夏場の遮光は必須 』
    的な事が書かれていました。

    夏を乗り越えて棚場を見回してみると、
    確かにそうなんですよねぇ・・・。

    モミジ、楓、ウメモドキ、ケヤキなど、葉の薄い木は尽く葉がヤケ、
    そうでない木も、新芽が傷んでどうにか生きている状況。
    松ですら葉先がヤケているくらいなので、
    こんな状況ではおそらく根もかなり傷んでいる事と思います。

    今年はその日差しを遮るためにゴーヤを置いてみたのですが、
    あまり成長も芳しくなく、枯れた鉢を掘り起こしてみたら、根がぜんぜん回っていません。
    あまりの暑さに、ゴーヤの大きな鉢ですらすぐに乾いてしまって、
    遮光用のゴーヤすら根に大きなダメージを負っていたようです。

    自動水やり器を常時かけておくくらいの事をすれば
    大丈夫なのかもしれませんが、
    見た目も良くないし水道代も馬鹿になりません。

    さすがにこのままでは毎秋傷んだ木を目の前にがっかりするだけなので、
    来年からは、何らかの大きな変更をしようと思います。
    スポンサーサイト

    category: 雑記

    tb: 0   cm: 0

    季節外れの連続台風  

    6D_20131010_002
    コナラ

    この時期は、虫もあまり付かないし剪定作業も無いしで
    盆栽作業に関してはのんびりできるはずなのですが、
    今年は季節外れの台風が次々と押し寄せてくるので、
    接近のニュースを聞く度に棚下に取り込む作業が発生しています。

    幸いこの時期の台風は北からの風になる事が多いので、
    北側が建物になっている自宅のベランダ棚場は
    肥料が崩れる程度の影響もなく、無事に過ごせています。

    これが逆からの風だったら、肥料は飛び散るわ
    塩分を含んだ雨が大量にかかるわで大変な事になるでしょう。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    木瓜 開花  

    木瓜の開花時期は春というのが相場ですが、
    家にある木の一本に花がつきました。

    最近、東京や各地で秋に桜が咲いた、
    みたいなニュースを目にしましたが、
    自宅の木瓜もその名の通り、ちょっとボケてしまったみたいです。

    下は本文と関係ありませんが、はち切れんばかりに実った柿の実。
    うちのロウヤガキはなかなか実をつけてくれません・・・。
    6D_20131012_054

    category: 木瓜

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    自動水やり器の設営は面倒臭い  

    Kushiro river@Hokkaido
    北海道 釧路湿原

    数年前に自動水やり器を買ったおかげで、
    二泊以上、一週間に渡る長期旅行ですら
    全く問題なく可能になりました。

    ただ非常に便利なこの装置にも、欠点があります。
    それは、設置の面倒くささと設置時の見た目。

    設営の面倒くささに関しては、旅行から帰る度に片付けずに
    ずっと設置しておけばいいのですが、それは2つ目の欠点、
    設置時の見た目の悪さがあって、毎回片付けるようにしています。

    自動水やり器の方式にもいくつかあって、
    雑誌には、自分のやっている噴霧ノズルを水道に繋ぐ方法以外にも、
    排水時間を調節した巨大な容器を用意してその中に水を満たし、
    徐々に排水させる、というやり方が紹介されていました。

    こちらであれば、鉢上に多数のノズルを繋がなくて済むのですが、
    やはり巨大容器の中に入った盆栽は異様。
    おまけに設備が今以上に大掛かりになり過ぎて、
    狭いマンションベランダには全く向きません。

    掃除ロボットなんかが最近はやっていますが、
    水やりロボットなんかが出てきてくれたら
    思わず買ってしまいそうです。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    蔦の実  

    蔦の実が色付いてきました。

    去年までも青い実は付いていたのですが、
    いつも途中で落果してしまい、色付く姿は見られずじまいでした。

    今年こそ・・・と、どんな色になるのか楽しみにしていましたが、
    さすがブドウ科、紫色に変化してきました。

    今年はどの木も実なりが悪く、結局この蔦とツルウメモドキしか
    実が残ってくれなかったので、貴重な実ものです。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。