鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

      

    家では盆栽だけではなくて、蘭なんかも育てています。

    ただこの蘭、真冬に外に出しっぱなしにしていたせいで、
    気がついたら葉がほとんどやられてしまいました;

    もうダメかと思ったのですが、
    冬の半ばくらいに家に取り込んで注意深く養生してやったら、
    株元から新葉がニョッコリ顔を出し始めてひと安心。

    蘭というと、以前小石川植物園だったかに行った際、
    温室の中でほとんどほったらかしのようになった汚い蘭を見ました。

    ただ、その乱雑さがかえって自然に帰ったかのような野性味を帯びていて、
    逆に心惹かれました。

    この蘭も、いずれはあんな風に、汚くても野性味のある姿に
    なっていってくれたらと思います。
    スポンサーサイト

    category: 観葉植物

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    老爺柿 芽摘み  

    残念ながら、今年は花芽がひとつも付きませんでした;

    去年花を付けたのに一つも芽がつかないなんて流石におかしいと思い、
    ネットで調べてみたのですが、どうやら老爺柿や通常の柿は
    隔年で実が付くらしく、豊作・不作を繰り返すようです。

    折角今年こそ・・・と意気込んで春を迎えたのに、とんだ肩すかし。
    でもいい方に考えれば、雄木を買う前で良かった、とも言えますね;

    それに丁度木自体も大きくなってきていた所なので、
    小さくするにはいいタイミングです。

    ちょっと遅目ですが、植え替えしつつ、強めに剪定しようと思います。
    その際、行けそうなら上部の切り離しも考えてみることにします。

    category: 老爺柿

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ゴールデンウィーク  

    春の嵐やら寒さやら、ブログネタは幾つもあったんですが、
    どうにもこうにも忙しくてなかなかこちらに手を付けられません;

    そんなこんなでゴールデンウィークですが、
    今日も仕事です;

    最近行った作業といえば、
    ツルウメモドキの受粉、モミジ・柘榴・カエデ・紫式部等の新梢剪定、
    肥料の置き換えなど。

    GWも、中~後半は自由になるので
    その時期には自動灌水装置を設置する予定です。

    もう少ししたら、去年仕掛けた獅子頭モミジの根接ぎを
    様子を見て切り離したりするつもりです。

    category: 雑記

    tb: 0   cm: 0

    紫式部 芽摘み  

    実を付けさせるために伸ばしていた紫式部ですが、
    大きくなってきたので芽摘みをしました。

    ただ、やはり紫式部は二節目以降にしか花芽を持たないようで、
    どうにも間延びして大きくなってしまいます。

    実を楽しんだあとに切り詰めればいいと思われるかもしれませんが、
    その頃には来年の芽も準備されているので、そうも行かないのが悩み所。

    ただネットでその辺りを探ってみると、
    芽摘みをしたあとの芽にも花芽を持つ性のものもあるらしく、
    この木が今年どうなるのか、ちょっと経過観察してみようと思います。

    もし芽摘みをしたあとの芽にも花芽を持つのなら、
    最初の芽はいっそのこと元から詰んでしまって、
    二番芽の一節目に花芽を持たせる、なんて事も可能になるかもしれません。

    もっとも新芽を詰んでしまうなんて暴挙は
    枝を枯れさせる恐れもあるので、不要枝で試してみないと怖くて出来ませんが、
    もし出来るなら、小さく作れる上に実も一節目から見られるしで一石二鳥。

    試してみる価値はありそうです。

    category: 紫式部

    tb: 0   cm: 0

    五葉松 芽摘み  

    しばらく忙しくてブログも盆栽も手を付けられませんでしたが、
    昨日は五葉松の芽摘みをしました。

    去年までは自宅の五葉松は成長があまりよくなく、
    元気よく伸びる芽というものを見たことがなかったのですが、
    今年は特に瑞祥が元気に伸び出していて嬉しい限りです。

    しかし前述したように、五葉松の芽摘みというものをした事がないため、
    どうやったらいいか分かりません。

    久しぶりに盆栽書籍を引っ張りだして、
    五葉松の項をめくってみます。

    どうやら3分の1ほどの位置で折り取れば
    いいらしい事が判ったので、早速実行。

    ただ、折り取る、と簡単に書いていますが、
    下手に繊維質の芽だったりすると、
    折った時に先端が潰れて良くないかもしれないので、
    作業自体は慎重に行いました。

    そのため、まず3分の2ほどの位置で練習。

    そ~っとやってみると、思いのほか芽はもろく、
    ポキっという感じで、思った箇所で折り取れました。
    雰囲気的にはベビーコーンみたいな感じです。

    簡単に折り取れる事を確認したので実作業を開始。
    長い芽を折りつつ、あまりに沢山の芽を持った箇所は整理します。

    目立つ所はひと通りやり終えたので、
    後はまた伸びてきたら随時芽摘みを行います。

    category: 五葉松

    tb: 0   cm: 0

    紫式部 新芽 摘まない  

    OM-D_20130329_037

    今日は久しぶりに暖かさと日差しを取り戻したせいか、
    木々の新芽が競うように伸びています。

    写真の紫式部は、芽先だけを見れば
    そろそろ芽摘みをしてもいい頃合いですが、
    今年はまだ芽摘みをしていません。

    というのも、以前ブログにも書いたのですが、
    去年一節目で芽を摘んでしまったら、
    その枝には花芽が付いてくれないかったためです。

    この点について、100%の確信はないのですが、
    それを確認するため、今年はひと通り花芽がつくまで
    ほったらかそうと思っています。

    ただ、ネットで紫式部の画像を調べてみると、
    まっすぐに伸びた枝先にたわわに実った画像がたくさん見つかるのですが、
    これを自宅の木で再現しようと思ったら、
    折角の模様木の樹形が台無しになってしまいます。

    大きい木ならいざ知らず、小品サイズで枝先を
    二節以上伸ばすのは結構厳しいものがあります。

    紫式部を上手に仕立てている人はどうやって木を整えているのか、
    もう少し調べてみようと思います。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    春の嵐  

    今日は朝から嵐のような風雨でした。

    幸い北からの風が主だったので、
    自宅のベランダ棚場はほぼ無害だったのですが、
    出勤前には背の高い木を取り込んでおきました。

    棚場を見回してみると、目覚めの遅かった木が
    芽吹き始めていました。

    新たに芽吹いていたのはウメモドキとコナラです。

    ウメモドキは自宅では何度も枯らしている樹種な上に、
    モミジや梅のような、目で判るような大きな芽ができないので、
    いつもこの時期はちゃんと芽が出てくれるか不安です;

    芽の位置が判らないという事は
    春以降の仕立て方の計画も立れられないという事。

    他の樹種であれば、芽の付き方によって
    だいたいどんな風に枝ができていくのか予想がつきますが、
    ウメモドキに限っては、枝のどこから芽が出てくるのか
    ほとんど分かりません。

    そのため、伸ばしたい枝であっても
    運良くいい位置に芽がつかなければ
    いつまで経っても枝ができてこない、難しい樹種です。


    コナラは非常に丈夫な木です。

    新芽もひと所にわんさとできるので、
    この時期は芽欠きが欠かせません。

    ただ丈夫なのはいいのですが、
    その分枝も間延びしますし葉も大きいので、
    小さく作っていくのは大変な木です。

    しかし展示会などに行くと、ケヤキのように
    小さな葉のコナラを見かける事があります。

    鉢古くなっていけば、いつかはあんな風に
    小さく作れるのではないかと思い、
    今年は植え替えを控えています。

    盆栽は、目標とする形を頭に描いて育てると、
    単に水やりをするだけよりも何倍も楽しめますね。

    category: 梅もどき

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    冷たい雨  

    OM-D_20130329_030

    東京は、なかなか気候が安定してくれません。

    三月の中旬頃までかなり暖かかったので、
    今年の成長は順調そのものだなぁ・・・と思っていたのも束の間。

    下旬に差し掛かる頃には低温の曇り空が続き、
    はや2週間近く曇りっぱなしで気温も低いまま。

    昨日は久しぶりに少し晴れ間が見えたのですが、
    気温は低いまんま。

    挙句に午後には曇りはじめ、夜からはまた冷たい雨。
    そのまま今日も翌日も雨予報・・・と散々です。

    低い気温と言っても新芽新葉が傷むほどではないのですが、
    気温が上がらないと葉が成長しませんし、
    それが長い間続いてしまったら、
    芽がいじけたまま固まってしまいそうで心配です。

    明後日は晴れて暖かくなるようですが、
    この2週間がどう影響するか、要経過観察です。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。