鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    山葡萄の様子  

    山葡萄の実が日々大きくなってきています。

    ただ、去年とは違う点も。
    葉が明らかに小さく、新梢の伸びもイマイチです。

    原因として考えられるのは、実を去年よりも沢山付けている事。
    あとはもしかしたら、早くも根が鉢に回りきったのかもしれません。

    去年は枝葉が物凄い勢いで伸びていましたが、
    植物は地上と地下、同じように伸びていくらしいので、
    あの分だと根の方も相当な勢いで伸びていたはず。

    そう考えると、この実が鈴なりの状態は、
    木にとってちと負担が重いのかもしれません。

    折角大きくなってきている沢山の実ですが、
    もうすこし間引いてやろうと思います。
    スポンサーサイト

    category: 山葡萄

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    紫式部 芽摘み・剪定  

    最近は結構忙しい事もあって、なかなか木に手を入れられません。
    この季節、枝の伸びもいいので針金をかけたり
    芽摘みもしなければならないのですが。

    今日はそんな中、紫式部の剪定をしました。
    今年は受粉作業を怠った事もあって
    結局ほとんど実が付かなかったので。

    以前少し書きましたが、うちの紫式部は新しい芽が伸びた
    二節目の葉元に花が咲くため、実を付けるのであれば、
    ある程度の間延びは免れません。

    その点今年のように実が付かないと、一節目で枝を止められるので、
    節の短い枝分かれを多くつくるための剪定が行えます。

    とはいえ家の木は結構出来てきた木で、
    今年は実を付けさせて鑑賞段階の樹だっただけに、少し残念・・・。

    というのも、枝を混ますのはいいのですが、それが行き過ぎてしまうと
    枝が密集しすぎて葉姿が見苦しくなってしまうからです。

    この分だと来年も花は咲かせてくれそうですが、
    来年の葉姿は、今年ほど優雅な状態で止めておくのは難しそうです。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    徐々に暑くなり始めました  

    梅雨入り前ですが、徐々に暑くなり始めましたね。
    今日は30度を超えた地域もあったようで。

    それに伴って鉢土の乾きも促進され、乾きやすい鉢は
    朝に水を充分やっても夜帰ってきた時には乾いてしまっています。

    こうして気温が上がってくると、新芽の伸びも今まで以上に早くなります。
    カエデやザクロなど、もう今年何度目かの芽摘みを行った木も。

    暖かくなっても、いい事ばかりではありません。
    気温の上昇とともに、害虫も活発に動き始めます。

    去年の日誌を見ると、そろそろクチナシの天敵、
    オオスカシバが動き出すようです。
    梅・百日紅・ボケなんかはアブラムシに気をつけないといけません。

    この時期までは気候が良く、成長も安定しているので
    あまり書く事もないのんびりした日常ですが、
    そろそろまた忙しい時期が始まりそうです。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    葉ぶるいした小藤  

    どうなる事かと思っていましたが、その後数週間経った今、
    何事もなかったかのように新芽が開き始めました。

    他のブログを見ていると、どうやら今回の葉ぶるいは
    『トヤ』という木の生理のようで、別に病気等ではないようです。

    この『トヤ』。調べてみると、鳥類の羽の生え変わり時期の事も指すようで、
    ネットには主にその意味が多く掲載されていました。

    あまりに唐突な落葉で驚きましたが、
    植物の正常な生え変わりとわかったのでひと安心。

    再び青く生え揃ってきた葉を前に、胸をなでおろしています。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ツルウメモドキ 結実  

    今年は受粉作業をしないと言いつつ、ツルウメモドキだけは受粉作業を行いました。
    先月の盆栽まつりで沢山の花を付けた雄木が格安で手に入ったためです。

    去年も雄木を入手して受粉作業を行ったのですが、
    雄花がまばらにしか咲かず、満足に受粉させられなかったのですが、
    今年買った雄木は花満開。
    コレで駄目なら諦めろ、といったレベル。

    その結果、ほとんど結実しなかった去年と比べて格段に多くの実が付きました。
    花後の落果も乗り越えたようで、グングンと青い実が大きくなってきています。

    ただこのツルウメモドキの実は鳥の大好物のようで、
    実が付いた状態で買ってきたツルウメモドキが
    あっという間に丸裸になってしまった苦い記憶があります。

    今年はその轍を踏まないよう、ネットなりで保護してあげるつもりです。

    category: 蔓梅擬

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    今年の実なりの様子  

    今年は受粉作業をほとんどしていません。

    毎年必死に受粉作業をしていましたが、
    あまり受粉状況が良くなかったので、
    それなら全く受粉作業しなかったらどうなるんだろう、と思い、
    今年は受粉作業をしませんでした。

    その結果は・・・。
    やはり今まで以上に結実しませんでした;

    去年、柄いっぱいに結実し、実を間引かなければならなかったほどの
    山葡萄も、今年の実なりはまばら。

    ブルーベリーも実付き悪し。
    マグノリアのみならず、去年いっぱい実を成らせてくれた
    サンシャインブルーもイマイチです。

    紫式部も花は満開だったのですが、
    結実はほとんどしている様子がありません;

    やっぱりベランダ棚場は受粉作業を
    こちらが行なってやらないとダメなんですね;

    実付きは少なくなるだろうとは思っていましたが、
    ここまで減るとは思いませんでした。

    逆に、去年まで一生懸命やっていた受粉作業は、
    やっぱりやればやるだけ効果があったって事ですね。

    今年の実つきが少ないのは残念ですが、
    作業の重要性がわかったのと、来年の結実に向けて、
    木を休ませられるのは良かったです。

    来年からは、また春が忙しくなっていきそうです。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。