鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    獅子頭もみじ 取り木発根  

    今年の春先に仕掛けた獅子頭もみじの取り木ですが、
    早くも根が伸びてきています。

    以前取り木をかけた時の根の出なさは一体なんだったんだ?
    というくらいあっさり根が出てきたので逆に拍子抜けです。

    以前は確か、一回目はほとんど根が出ず失敗。
    翌年の二回目でようやく根が出たものの、
    貧弱な根だったので、切り離しは更に翌年に持ち越しでした。

    今年の取り木では、発根剤にルートンを使うのを辞めて
    代わりにオキシベロンを使い始めたのですが、
    それが良かったのかもしれません。

    まぁ盆栽を初めて4年目、取り木をかけるのも10回を数える位になって、
    取り木の勘所がわかってきた事もあるとは思いますが、
    何にせよ、喜ばしい事です。

    もう少し様子を見て、根の成長が十分なようなら
    今年中にも切り離し、独り立ちさせてやろうと思います。
    スポンサーサイト

    category: 獅子頭

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    小藤 突然の葉ふるい  

    先週の事。
    棚場の小藤の葉色がおかしかったので葉に触れてみたら、
    ワサっといっぺんに大量の葉が落ちてしまいました。

    何事かと思い、他の枝も調べてみたら、
    葉の総量の7割8割の葉が落ちてしまいました。

    虫も病気も見られない健康そうな姿だったのに、
    あまりに突然の事で驚いているのですが、
    原因が一向にわかりません。

    思い当たる事といえば、その一週間ほど前に上げたハイポネックスくらい。
    しかし他の樹種はそれで元気にこそなれ、そんな症状は見せていないので、
    これが原因とはちょっと思えません。

    落葉後、そのまま枯れてしまうかとも思ってやきもきしていたのですが、
    そうではないようで、枝枯れもせずに、葉の付いていたスジだけ
    緑のままに残しています。

    無事二番目が吹いてくれればいいんですが・・・。
    原因がわからないというのは怖いですね。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    ツルウメ・イワヅルの違い  

    ツルウメモドキの花が終わり、その内いくつかは実が付いています。
    去年は結局一粒も結実しなかったんですが、
    今年は予想以上に多くの実が膨らみつつあります。

    うちにはツルウメモドキとイワヅルウメの二種類があるのですが、
    名前の通り、この2つ、かなり性が異なります。

    第一の特徴は幹肌。
    ツルウメは肌が滑らかで、イワヅルは
    肌が文字通り岩のようにゴツゴツしています。

    葉性も違い、ツルウメはつや消しで大きく、
    イワヅルはツヤツヤした照り葉で小さいです。

    花は、見た目はほとんど同じなんですが、
    その寿命が違います。
    ツルウメは数日で終わるのに対し、
    イワヅルは一週間以上花が残っています。

    そして実なり。
    これは自分の店場ではまだ双方比較した事がないのでわかりません。
    今年の秋は、それを確かめてみようと思います。

    category: 蔓梅擬

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    肥料と伸び  

    先日も書いた通り、今年は太らせたい樹以外は
    肥料をかなり控えめにしています。

    その影響は椿が非常に顕著で、
    肥料を沢山与えていた去年一昨年は
    葉が異様に大きくなってしまっていたのですが、
    今年は春先から肥料少なめの管理をしてみたところ、
    かなり葉の大きさも抑えられ、観賞価値のある大きさの葉が
    固まりつつあります。

    かといって木の成長が悪いわけではなく、
    新芽も順調に伸び、先日芽摘みを済ませたばかりです。

    他にも紫式部やクチナシなど、去年はこの時期
    伸びすぎて大変だったような木も、
    今年の控えめ管理によって芽がちょうどいいくらいで伸び止まったり、
    葉が大きくなり過ぎないで小さめの葉が出揃いました。
    (クチナシに関してはまだまだこれから成長するとは思いますが)

    ただ、五葉松に関してはその控えめ管理も功を奏さず、
    また葉が長くなりつつあります。

    五葉松は肥料もそうですが、水の管理が大きく影響するようですね。
    しかしうちの棚場は狭く、樹種毎に置き分けて一鉢づつ水やりできるほど
    朝時間が無いので、これはどうにも対処の仕様がありません。

    五葉松は育てやすい木と言われますが、
    うちの棚場では、なかなか難しい樹種の一つです。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    棚場の現況  

    かなり期間があいてしまいました。
    現在の棚場の状況だけ記しておきます。

    開花中:イボタ・イワウメヅル・山葡萄・オリーブ

    山葡萄の木にとても小さなミツバチ(?)来訪

    開花終了:ツルウメモドキ

    開花寸前:紫式部

    獅子頭モミジに根接ぎ

    寸梢黒松 取り木仕掛け

    芽摘み・葉透かし 随時(トウカエデ・椿・ツタ・ヘデラ・老爺柿・山モミジ・柘榴・小藤など)

    ブルーベリーの枝・新芽が混み合ってきたので間引き剪定。

    真柏の取り木部分にビニールを掛けて乾燥防止

    陶芸教室 一時中断

    肥料控えめにした経過
    →葉が小さくなり節間も詰まる事を確認。特に椿にて顕著。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    大宮盆栽まつり2012  

    大宮盆栽まつり2012_気になる

    記事にするのが遅くなりましたが、
    大宮の盆栽祭り最終日に行って来ました。

    一日目二日目と天気が悪く、
    三日目はさぞ混むだろうかと思ったのですが、
    今まで行った中では一番すいていて、
    車も全く待つこと無く停められたのには拍子抜け。

    もっともそれは10時くらいのかなり早い時間に行ったからで、
    帰る頃には結構人も増えてきていました。

    昨今の不況もあり、出店者が多少減ったような印象はありましたが
    露店自体は豊富で、いろいろな木や鉢を見比べることができました。

    自宅の棚場が既にいっぱいで木を買うことはできないので、
    今回は鉢を重点的に見てきたのですが、
    さすが盆栽祭り、普段では買うことはおろか目にする事もできない
    雄山の絵鉢など、沢山の鉢が並んでいました。

    とは言えそんな高いのを買うことはできないので
    後ろ髪を引かれつつウロウロしていると、
    釉薬がねっとりと分厚くかかった良い感じの鉢を
    蔓青園の鉢売り場に見つけました。

    値札がついていなかったので店の人に聞いてみると、
    1万6千円との事;

    思っていたよりもだいぶ高かったので、
    自分の鉢を見る目も肥えてきたなぁ・・・と思いながら退散。

    そんなこんなで結局鉢はひとつも買わず、
    獅子頭もみじに根接ぎするためのもみじの寄せ植え(300円)と、
    ツルウメモドキの小さな雄木(500円)、
    あとは盆栽町名物の『盆サイダー!(200円ん)』を買って帰って来ました。

    1000円分の買い物のために
    その数倍の高速代・ガス代を払ってしまいましたが、
    盆栽祭りはその雰囲気自体が好きなんですよね。

    5月の暑くなり始めた晴天の下、
    新芽を勢い良く伸ばしている木々を見るのはいいもんです。

    別に何も買わなかったとしても、満足感とともに帰宅できる、
    そんなお祭りだと思います。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    大宮盆栽まつり  

    _DSF1432

    今日から大宮盆栽まつり。

    盆栽まつりは初日に行って、
    荒らされていない売店を見て回るのが楽しいんですが、
    残念ながら、今日は朝から大雨。
    これではちょっとその気になれません。

    この時期は本来天気はかなりいいはずなんですが、
    どうもこの盆栽祭りという奴はあまり天気に恵まれません。

    もっとも棚場が既にいっぱいで、もはや新しい木は置けないのですが、
    棚場がいっぱいでも行きたいワケというのはあって、
    獅子頭モミジの根接ぎ用の若い小さい苗の寄植えがちょっと欲しいんですよね。

    まぁ買わないにせよ、この時期、新芽が出揃った季節ってのは
    木が本当に美しい時期なので、
    明日以降は天気も回復するようですし、
    暇があるなら足を運んでみる事をお勧めします。

    更に、盆栽まつり・盆栽町のみならず、あの辺りは盆栽園も多いので、
    ちょっと足を伸ばして、萬園なんかの有名盆栽園に行ってみるのも
    いいかもしれません。

    以前一度おじゃましましたが、右も左も分からない初心者の自分でも、
    快く見学させてくれました。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    宮様楓 花と種子  

    _DSF1453

    実家に帰ったりその準備やらで
    ちょいとばかし間が開いてしまいました。

    画像は宮様楓の花と、でき初めの種です。

    写真だとよくわかりませんが、1cmにも満たない小ささです。
    葉の大きさと比べてもらえば大体の大きさの見当がつくでしょうか。

    他の樹種のように、花が終わってから実が徐々に大きくなるのではなく、
    花と並行していきなり実もできてくるので、その点はちょっと変わってます。

    通常、モミジの盆栽に実は必要ないので
    取ってしまうことが多く、自分もその例に習って
    何も考えず、今まではそうしていました。

    ただ、この宮様楓という樹種は非常に樹勢が強いので、
    今年は残しておいて、どの程度、木の成長が抑制されるかを
    観察してみようと思います。

    category: 宮様楓

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。