鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    獅子頭モミジ(取り木)  

    紅葉(獅子頭)_20111227

    この木はもともと樹高30cmオーバーの結構大きな木に
    取り木をかけたものです。

    ただ、最初に取り木をかけたおととしの時は
    根が出ずに失敗してしまったので、
    去年再度取り木を掛け、去年ようやく切り離す事が出来ました。

    ただ、その切り離し時も根の出がとても悪く、
    正直枯れる枯れないは五分五分くらいだと思っていたのですが、
    無事、根付いてくれたようです。

    もう一段上で取り木するか迷ったんですが、
    最近の好みが小~中品に移ってきているので、
    大きめの双幹となる位置で取りました。

    取り木後は乾燥厳禁ということで、木の大きさからすると
    かなり大きな5号鉢に植えましたが、
    流石に大きすぎるので、来春の植え替えで
    4号鉢に入れなおそうと思っています。

    獅子頭モミジは小~中品であまりいい木を見た事が無いので、
    この木を使って名品に仕立てられたらいいなぁ・・・などと思っています。
    スポンサーサイト

    category: 獅子頭

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    毎年恒例記念撮影 梅擬  

    梅擬_20111227

    梅擬です。

    過去ログで言うと2011年1月2日
    同じ角度で撮った写真を載せていますね。

    まだほとんど素材状態ですが、これでも枝は増えてきた方。
    特に、左一の枝の基礎ができてきたのは大きい変化です。

    おととし買ったばっかりの頃は、太い幹だけの
    芋の切れ端のような姿で、これが本当に
    書籍に載っているような、立派な梅擬になってくれるのかと
    半信半疑でしたが、少しずつではあるものの、
    一歩一歩前進している姿を見ると、
    一年の苦労も報われるというものです。

    まだこの木は実を付けた事がないんですが、
    来年あたり、そろそろ結実させてみようかな、
    と思っています。

    category: 梅もどき

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    年末恒例記念撮影 小藤  

    小藤_20111227

    年末恒例の一斉記念撮影を行い、
    ようやくちゃんとした盆栽の写真を撮る事が出来ました。

    ひと通り記事にするつもりですが、
    載せない木もあると思うので、
    ご覧になりたい方は、左の列の最下段、
    リンクの中の『Flickr my page』を見てみてください。

    過去の記事をさかのぼって調べてみたら、
    丸ひと月以上、マトモな盆栽写真がない有り様;
    これで盆栽ブログと呼べるのか・・・。

    それはさておき、記念撮影最初の木は、
    自分の棚場の一番のお気に入り、小藤です。

    秋口までは、自分の作った黒い丸鉢に入れていたのですが、
    針金を付けていなかったせいで、鉢がずれてしまったんですよね。

    木の出来から言っても、そろそろ本鉢に移しても良さそうな頃合いだったので、
    また同じ鉢に植え直すくらいなら・・・と、
    急遽先日作ったカブト鉢に植え替えました。

    ちょっと鉢が大きいですが、『活かすことが第一!』のうちルールでは、
    このくらいが丁度です。

    今年の春先は、小藤の枝先がどの程度芽を持つのか分からなかったために
    枝先がかなり放置状態で木が大きくなってしまいました。

    とはいえ小藤は葉が小さい上によく茂るので、
    あまり枝先を密にしなくてもいいんですよね。

    むしろ、混ませ過ぎると過密になって、
    見栄えも健康管理上もよくないので、
    鉢とのバランスを考えて、来年も維持管理で大丈夫でしょう。

    古さ、枝先の細かさ、幹芸、春夏秋冬、どこをとっても楽しめる、
    見ていて飽きない木です。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小鳥の訪問  

    紫式部_20111227
    ※2011/12/28画像追加

    冬に入って太陽の角度が低くなったので、
    光が部屋の中に差し込んできます。

    ふと気づいたら、カーテン越しにピョンピョンと小さな影が。
    小鳥がベランダにやってきている様子です。

    そ~っとカーテンを開けて覗いてみようとしたのですが、
    素早く気づかれてしまい、姿を見る前に
    サッと飛びさってしまいました。

    残念に思いながら、水遣りするために窓を開けて
    棚場を見てみると・・・。

    紫式部の実がひとつも無い!
    なんと、小鳥が全部食べてしまったようです;

    葉を落としたので、少ないながらも
    実を付けた姿が楽しめるようになったので、
    そろそろ写真撮影しようと思った矢先に;

    まぁエサの少ないこの季節、
    軒先にキラっと光る綺麗な実があれば、
    そりゃ食べに来ますよね・・・。

    でも盆栽たちは、鳥から保護ってしようという気には
    あまりならないんですよね。
    枝を折られたりするなら話は別ですが、
    ブルーベリーなんかと違って人間が食べる実じゃないですし。

    あ~、やられた・・・と思いながらも、
    来てくれるのを楽しみにしたりもしています。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    椿の開花  

    明治神宮外苑のイチョウ

    画像とは関係ありませんが、
    数日前から椿が咲き始めました。

    うちにある椿は白侘助と玉之浦で、
    そのうち白侘助が咲いています。

    椿(白侘助)

    侘助系の椿はラッパ咲きというか、
    花が広がりきらず、キュッと締まった花姿が
    日本的な椿です。

    日本ではそういう一重の椿が好まれますが、
    海外では大輪で八重咲きの、バラのような椿が好まれるとか。
    ほんとに日本と海外では趣味趣向が違いますねぇ。

    玉之浦は、初めて蕾を付けたので、
    どんな花が咲くか、今から楽しみです。

    category: 椿

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    カフェ 『風花』  

    カフェ 風花

    落葉が進み、枝ぶりがよく見えるようになってきたので
    撮影に向いた季節になってきたんですが、
    いかんせん休みの間に時間が取れず、
    なかなか写真を撮ることができません;

    そんなことを言っている間に
    一週間も書かない日が続いてしまいそうなので、
    先日のお出かけの話を。

    有名なガーデンデザイナー、石原和幸氏のプロデュースしたカフェ
    『風花』に行って来ました。

    外観は、この寒い時期でも緑に覆われ、
    まるで魔女の家か何かのよう。

    ワクワクしながら中に入ってみると、
    植物が多いカフェだな、といった程度で
    想像に反して意外と普通;
    もっとジャングル的な場所を想像していたのですが。

    おすすめメニューはハーブティだったのですが、
    今回はコーヒーを選択。
    ・・・てか外観以外に、ほんとに取り立てて書くことがない;

    表参道にほど近いため、お洒落ガールがいっぱいでしたが、
    (珈琲の味を含め)あまり自分には合わない場所でした。

    店を出ると、もう外は真っ暗。

    帰りに通った表参道のライトアップが綺麗でしたが、
    人でごった返していた上に風邪までもらってきてしまい・・・。

    東京はオサレな場所がとても多いのですが、
    無理してあまり縁のない所に行って、
    いい思いをした試しがありません;

    自分には、日本庭園や盆栽園、
    ホームセンターなんかが向いているようです。

    表参道 夜景

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    カブト鉢  

    Beetle Pot
    カブト鉢 幅約12cm

    相変わらず鉢を作ってはいるんですが、
    ここのトコロ、これ!といったものが出来上がらず、
    サイトにも載せていませんでした。

    そんな中、一番最初に作った藁白釉+呉須の鉢がいい感じだったので、
    今回はその組み合わせと、同じく藁白釉の下絵に
    弁柄で絵を書いたものを作りました。

    どちらもかなり時間を掛けて自分なりに細かい絵を書いたので、
    焼き上がりを期待していたのですが・・・。

    呉須の方は、写真のように絵が出ていた一方、
    弁柄の方は、釉薬を厚く掛けすぎて、
    絵が完全に覆い隠されてしまいました;

    呉須の方も、写真はちょいといじってあるので
    綺麗に出ているような感じですが、
    実際に見るとかなり青が薄くてぼやけているため、
    全体としてはイマイチな出来。

    弁柄のほうが出なかったのがかなりショックだったので、
    しばらくは写真を撮る気にもなれず・・・。

    まぁそもそも絵付けしているのに
    透明釉を使わないという時点で
    かなり無謀ではあるんですが、
    透明釉だと色の滲みが無いので雰囲気が出ず、
    更に下品なテカり方をしてしまうので、
    例え色が綺麗に出ても、あまり好きになれないんですよね・・・。

    今通っている教室では磁器の焼成を行なっていないので、
    その代わりに陶土に絵付けをして白系の釉薬をし、
    似たような仕上がりにならないかと試してみましたが、
    やっぱり磁器の透明感のある白さと呉須の青の美しいコントラストは、
    他のやり方じゃ出せませんね。

    まがい物の道を追い求めるより、
    陶器ならではの利点を伸ばす作陶をしたほうが、
    健全な気がしてきました。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    冬の害虫  

    今年は鉢土上にマルチングをしていたので
    根がよく張った、というのは以前書いたのですが、
    そのせいで、困った事も出てきています。

    それは、根にカイガラムシが付くという事;

    鉢上に密集し、入り組んだ根の間に入ってしまうと
    なかなか見つけられません;

    おまけに冬の消毒は石灰硫黄合剤ですから、
    根に掛けるわけには行かないので
    もし入り組んだ奥に居座っていたら、
    春、植え替えするまで対処できない事に;

    根に付く虫で思い出したのが、
    ブドウの根に付くアブラムシ。

    ひと昔前にヨーロッパで大発生し、
    ヨーロッパ中のブドウを枯らし尽くす所だったとか。

    そういった害虫も、こんなふうな経緯で
    地に潜っていったのかもしれません。

    寒さも徐々に本格化し、落葉も進んでいるので
    もう少ししたら冬季消毒のシーズンですが、
    その前に一度総点検をして、
    綺麗にしてやろうと思います。

    category: 消毒

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    落葉開始  

    あまり変化が無いこの時期の我が家の棚場。

    紅葉したら書こう書こうと思っている間に投稿間隔が開き、
    挙句にロクに紅葉しないまま、葉が散り始めてしまいました;

    まぁ去年もそうだったので、
    今年も期待はしていませんでしたが・・・。

    散り始めているのは
    唐楓、紅葉、小藤、百日紅、ツタ、ヒメコブシ、といったあたりです。

    散りきっていない木もありますが、
    もう葉を落としても新芽が間違って伸び出す事もなさそうなので、
    機会を見てこれらの木は全て葉を落としてやろうと思います。
    自然に任せていると、散乱した葉の片付けが面倒ですし。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    12月  

    12月の訪れを待っていたように、急に寒くなりました。

    鉢土も乾きが遅くなり、水やりのメインは散水ホースから
    噴霧器に戻って来ました。

    しかし水やり量が減ったのはいいのですが、
    散水ホースの場合は全て一気に水やりするお陰で
    水やり時間はほんの5分程度で済んでいたのが、
    噴霧器の場合は、水量が少ない上に、
    ひと鉢ひと鉢乾き具合を見ながらなので、
    15分くらいかかってしまいます。

    水やりを散水ホース一本に絞れればいいんですが、
    そうすると水やりしたくない鉢にまで水が掛かってしまうので、
    水のやりすぎが発生してしまうのがネックなんですよね・・・。

    噴霧器レベルの繊細な散水のできる
    ノズルが出てくれると助かるんですが、
    どうやらそんな限定的な製品は無いようです。

    世の中、上手くいかないものですね。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。