鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ギャップ  

    松皮

    昨日も書いた通り、目黒にある『自然教育園』に行って来ました。

    毎日盆栽ばかり見ていると、木というものの自然の姿や雄大な様を
    忘れてしまいそうになるので、たまに出かけてみると、
    気持ちが一新できて、いいものです。

    巨大な松やシラカシが迫力ある姿を見せる中、
    目に止まったのは、この見事に割れた松の樹皮。
    厚さ、3センチはあります。
    盆栽では錦松などの特殊な例を除き、
    ここまでの厚みはとても見られません。

    他にも直径20センチ、高さ数mはあるツルウメモドキなど、
    盆栽に用いられる樹と種類は同じでも、
    全く異なる様子を見せる樹が何本もあって、
    とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

    その帰り、植物園のそばにある某グリーンショップに立ち寄ったら
    人の背丈ほどあるよく出来た観葉植物を売っていたのですが、
    値段は三万円ほど。

    自分の中で、植物の価格の基準は盆栽の価格になっているだけに、
    あまりの安さに驚いてしまいました。

    こういった所も盆栽界と世間とで、大きなギャップがある部分ですね。
    スポンサーサイト

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    山葡萄 紅葉  

    DSC06739

    山葡萄の葉が綺麗に色付いて来ました。
    夕焼けの光を透過して、オレンジ色に輝いています。

    今日は目黒にある『自然教育園』に行って来ました。
    紅葉目当てに行ったんですが、
    東京の街中はまだまだ暖かい事もあり、
    まだ多くの木々が緑の葉を茂らせていました。

    やはりこの辺りでは、12月中旬くらいにならないと
    綺麗な紅葉は見られなさそうです。

    前回触れた桜なんかは、既に紅葉は終わって
    葉が散ってしまってるんですが。

    東京は、コンクリートジャングルなどと揶揄されますが、
    皇居を始め、都会の真ん中にありながら
    緑の多い公園がそこかしこにある街なので、
    四季折々、季節の変化を感じ取れる場所です。
    自然教育園 池・橋・ススキ

    category: 山葡萄

    thread: ***ベランダガーデニング - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ようやく紅葉  

    都内でも温かい、羽田近くのこのあたりでも、
    ようやく綺麗な紅葉が見られるようになってきました。

    紅葉の有名な樹種は、紅葉に楓、ニシキギ等々色々ありますが、
    個人的な紅葉の好みは、何と言っても桜です。

    『盆栽に作りづらい木』という先入観や
    実際に見てみても、その葉の大きさもあって
    盆栽に仕立てようとは思わない木ですが、
    一枚の葉の中での微妙な色の変化を見るにつけ、
    味わいの点では紅葉・楓を遥かに凌ぐと思います。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ブルーベリーの足元に  

    今朝水やりをしていたら、ブルーベリーの根元に見慣れぬものが。
    よく見てみたら、なんと小さなキノコが生えていました。

    ブルーベリーは根が細いために水切れ厳禁。
    そのためいつも水を切らさなかったのですが、
    まさかキノコが生えてくるとは思いませんでした。

    いったい何という名前のキノコなんでしょうか。
    そしてこのキノコは食べれるのか否か。

    キノコは一般的には木に害を与える存在ではないので、
    抜き取ったりせずにそのままにしておこうと思います。

    しかし植物を育てていると、いろんな発見があって面白いですね。

    category: ブルーベリー

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    作風展  

    近盆が近所の書店になかったので
    今月号を見ていなかったんですが、
    ようやく見れました。

    言いたい事は一つ。
    『作風展って、毎回同じような顔ぶれですね』

    何人が出品してるのか知りませんが、
    あんなに毎年毎年同じ人が賞とってたら、
    盆栽界自体の底の浅さがバレてしまうんじゃないでしょうか。

    まぁ自分は何かの協会に所属しているわけでもないですし、
    自分の盆栽の趣味に何ら影響を与えるわけではないので
    別に構わないんですが・・・。

    category: 展示会

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    川口の匠  

    家のすぐ近くに図書館があるのでよく通っているのですが、
    今日は新入荷の書架に、気になる本を見つけました。

    それは、『川口の匠』という本で、
    その名の通り、川口市に住むその道の職人、25人の
    技と人物を紹介するものです。

    川口といえば盆栽の本場。
    もしかしたら、盆栽の事が何か載っているかな・・・
    と思って手にとって見たところ、予想通り掲載されていました。

    載っていたのは、盆栽鋏で有名な『昌国』。
    昌国の盆栽鋏についての詳しい話は割愛しますが、
    なぜ昌国氏の盆栽鋏が盆栽界で別格の扱いを受けているのか、
    その理由がよく判る内容でした。

    他にも川口の道の駅にもある『チャボヒバ』を作る植木職人の話など、
    興味深い職人の技が沢山載っていました。

    見かけた方は、一度手にとって見てみる事をお勧めします。

    川口の匠川口の匠
    (2011/10)
    川口市立アートギャラリーアトリア

    商品詳細を見る

    category: 書籍

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    イチイの実  

    ichii(japanese yew)_berry

    うちの木ではないのですが、イチイの木の実です。

    先日街を歩いていたら、こんな綺麗な赤い実を
    たわわに付けたイチイの木があったので、
    思わず写真に取りました。

    緑の濃い一位に赤く輝くような半透明の実が沢山付いた様子は
    さながらクリスマスツリーのようで、
    とても華やかで楽しげな様子でした。

    盆栽に付いた一位の実はほとんど見た事がないのですが、
    こんな風に沢山の実を付ける事ができたら
    秋の盆栽展シーズンでも主役を張れる樹になるでしょうね。

    もっともそれが難しいからほとんど見られないんでしょうが・・・。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    寒さと乾燥  

    11月も半ばを過ぎ、徐々に寒くなって来ました。

    棚場の紅葉は相変わらずツタくらいなもので、
    あまり変化はないのですが、
    ここ最近、空気の乾燥が進んできているせいで、
    鉢土がやけに乾きます。

    朝、水をやって会社に行き、帰ってきて夜に見ると、
    もうかなりの鉢で乾いていたりします。

    更に、夜が明けて朝。
    前日の晩に水やりしていたのに、
    もう土が白くなっている鉢も多数。

    寒くなって、土の乾きも遅いだろうと油断してると、
    あっという間にカラカラですね。
    うちではツルウメモドキの雄木の葉の3分の1くらいが
    カラカラになってしまいました;

    みなさんも用心してください。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    海の向こうから  

    自分はいつも『Flickr』というサイトに写真をアップしているのですが、
    そちらにアップしていた自作の盆栽鉢の写真に
    外国の方からコメントがありました。

    『That is a thing of beauty. Posting to Amsterdam?』

    もしかしてこれは、自分の鉢を売ってくれ、という事でしょうか?

    ネットの自動翻訳で訳すと、ワケのわからない訳が出てきて
    判断つかなかったのですが、英語を喋れる相方に聞いたら
    どうやらそういう事らしいのです。

    自分はゲーム制作を仕事にしている事もあり、
    開発したタイトルに対するファンレターを目にする事もあるのですが、
    ゲームというのは皆の共同制作で創り上げるもので
    個人の制作物ではありません。

    そのため、その応援なりのメッセージも、
    どこか他人事のように感じてしまうのですが、
    今回のように、まさに自分の作ったそのものを
    気に入ってくれる人がいるというのは
    なんとも言えず、嬉しいものですね。

    自分にとっての鉢作りは自分の盆栽のためですし、
    その中でもネットに掲載するほどお気に入りの鉢ですから
    もちろん売り物じゃないんですが、
    いずれ余裕が出てきて譲ったりする機会があったら、
    それを機に更に交流が広がって、楽しいだろうなぁ、と思います。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    夏蔦(ナツヅタ) 紅葉  

    tsuta

    久々の写真ですね。
    うちの棚でもようやくマトモな紅葉が始まりました。
    夏蔦(ナツヅタ)です。

    この木はほとんど紅葉が見られないウチの棚場で
    綺麗な紅葉を見せてくれる、数少ない木です。

    ツタは、樹勢強健、夏は涼しげ、秋は紅葉と、
    木、自体の出来を問わず、葉のある間中
    楽しませてくれる樹種ですね。

    この木はもともと一つの大きな株だったのを、
    根の生えていた子株を分離して二鉢に分けたうちの片割れです。

    植えている鉢は自作鉢・・・なんですが、これは失敗作なので、
    ちゃんとした写真はサイトに載せていません;

    焼いた鉢の全てが満足行くクオリティなら
    苦労しないんですけどねぇ・・・。

    まぁそれも鉢作りの楽しさという事で。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。