鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    鉢焼き上がり 第二回  

    新しい鉢が焼き上がりました!

    今回の鉢は、陶芸の先生が伊豆に出張して
    窯焼きしてくださった、焼き締めの鉢です。

    今回の出来映えはこんな感じ。

    自作鉢 3号
    正方鉢(長辺7cm)

    正方鉢は、石のような質感に仕上がりました。

    今回の窯は薪を使った本格的な窯なのですが、
    薪である松の灰の中に埋もれていたために
    このような色になったらしいです。

    釉薬を掛けていないのに、
    所々釉薬が掛かったようなガラス質になっていて、
    更に釉薬を吹いたような光沢のある
    細かな粒子に覆われていたりと、
    パッと見は灰色なだけに見えながら、
    実際に手にしてみると非常に複雑な表情を見せています。

    自作鉢 4号
    長方鉢(長辺10.5cm)

    長方鉢も、一口には言えない色合いの出来上がりです。
    全体としては朱色に近い色なのですが、
    所々、灰色がかった箇所があったり
    やはり釉薬が掛かったようなテカリを見せる部分と
    そうでない部分が混じり合い、これまた味のある焼き上がり。

    どちらも一見地味ですが、地味でありながら単調でない
    テクスチャー(模様)・マテリアル(質感)が
    植えた植物を引き立てるんですよね。

    ただ今回は焼成中に一部の棚板が壊れてしまったらしく、
    自分の鉢もそれに巻き込まれてしまったようで、
    平鉢の角がちょっとだけ欠けていました;

    しかし他の人の作品は、それこそ割れてしまったり変形していたりしたものもあり、
    これだけで済んで、逆によかったくらいです。
    窯を開けた瞬間の写真も見せてもらったのですが、
    それこそメチャメチャになっていましたから;

    自分の鉢も巻き込まれたらしいのですが、
    小さい事もあって、軽傷で済んだようです。

    ただそれとは別に、焼き締めというのはとても縮む土なので、
    出来上がった鉢はとても小さくなっていたのがちと残念;

    とても自宅の乾燥する環境で盆栽を育てられるサイズではないので、
    多肉など、乾燥に強い植物を植える事になると思います。

    焼き上がり2回目を迎え、更に面白さを増す陶芸。
    次はいよいよ絵付け鉢なのですが、これがまた苦労しています;
    その話についてはまた今度・・・。
    スポンサーサイト

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    オレンジ色の蕾  

    ザクロの蕾

    ザクロのつぼみが膨らんできました。

    数日前までは緑色だったのに、あっという間に
    とても綺麗な濃いオレンジ色の蕾になったので、
    その変化に驚いています。

    近所の大きなザクロの木も現在満開ですが、
    ザクロの蕾がこんなに綺麗なものだとは知りませんでした。

    今年の蕾はこの一つだけですが、
    枝一杯にこんな蕾が付いたら
    さぞ壮観でしょうね。

    ザクロというのは花が綺麗で実も非常に見応えがあり、
    葉は小さくて、幹も年月と共に芸味を増していく、という
    非の打ち所のない盆樹ですね。

    category: 捩幹石榴

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ソニック・ザ・ヘッジホッグ  

    今日はセガの看板キャラクター、
    ソニックの20歳の誕生日です!

    数年前までソニックとは関わりの全く無い
    ゲーム人生を送ってきたのですが、
    色々あって、この20周年をお祝いするまでになりました。
    人生ってのはワカランもんですね。

    XBOX360ユーザーなら今日からソニックの新作の体験版が
    ダウンロードできるので、是非プレイしてみてください。

    category: 雑記

    tb: 0   cm: 0

    ブルーベリー マグノリア  

    自宅のブルーベリー(マグノリア)、
    今年もやっぱり落果しまくってます。
    今年は肥料も控えて落果に備えたつもりだったんですが・・・。

    これはもしかしたら、この品種が実を楽しむのではなくて、
    花や木の姿を楽しむための品種なのかも、と思い始めました。
    なにせ品種名が日本で言うコブシ『マグノリア』ですから・・・。

    一方で、サンシャインブルーの方は、
    落果もそこそこに沢山の実が大きくなってきています。
    来年以降、収穫はこちらに期待した方が良さそうです。

    マグノリアの方は幸い枝振り・葉・開花時はとても美しいので、
    実を収穫し終わったら、観葉植物的に、
    木姿を楽しめるような剪定をしてやろうと思います。

    category: ブルーベリー

    thread: ***ベランダガーデニング - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    自動水やり機 購入  

    先日、自動水やり機を買いました。
    タカギというメーカーの、まぁホームセンターに普通に置いてあるヤツです。

    まだ棚場には設置していないんですが、
    動作テストとして風呂場で動かしてみた所、
    噴霧器のような細かい水滴が柔らかく広がり、
    想像以上にいい感じの散水をしてくれそうで安心しました。

    本来の使用法では散水口を鉢に刺して使用するのですが、
    小品盆栽でそれをやったら土が荒れますし、
    ひと鉢ひと鉢に分水していたらホースの配線で
    棚場が風情もヘッタクレもなくなってしまいそうなので、
    棚の上にアーチ状に支柱を渡して、
    そこから下にシャワー上に水が掛かるよう、
    セッティングする予定です。

    今週末にきちんとセットアップして、
    夏の長期旅行に備えたいと思います。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    次の鉢のデザイン  

    次の鉢は、ちゃんと絵付けしようと思い、
    どんなデザインにしようかとあれこれ考えています。

    作家さんのように山水画を書き慣れているわけではないので、
    4面に精緻な山水画、というのは考えておらず、
    正面だけに絵を付けて、あとは模様にするつもりです。

    そんなわけで、そのデザインを描き、
    更に筆で書いたらどんな感じになるか、
    試してみたんですが・・・。

    デザイン画の段階では、これはいい絵鉢作れるんじゃないの!?
    とか思っていたんですが、いざ筆で書いてみると、
    なんだか凄く物足りない絵になってしまいます。

    色々要因はあると思いますが、
    物足りなさのまず第一の要因は、線の単調さ。

    スッと引いた伸びやかな線は、
    線単体として見ると滑らかで綺麗なんですが、
    それだけで全体を構成してしまうと
    何とも味気ない一本調子の絵になってしまいます。

    更に、絵の大きさに対して太すぎるのも、
    単調さを感じる一因ですね。

    次に、墨の滲みというか、
    絵付け用語で言う『濃み(だみ)』ってヤツが
    全然できていないというのがもう一つ。

    単に薄い墨で囲いの中を塗っただけの塗り絵になってしまっていて、
    奥行きとか立体感が表現できていません。

    これが使いこなせれば、絵付けの表現が
    ぐっと広がると思うんですが・・・。

    作る数が非常に限られているだけに、
    一回・一鉢の課題が山積みです。

    絵柄に関しては、焼けてからのお楽しみという事で・・・。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    銀座の裏で、ひと休み  

    今日は銀座の松屋裏手にある『 茶房 野の花 』って所に行ってきました、

    DSC02325

    ここは和風の植物屋 『 野の花 司 』 と併設されているのですが、
    店先に沢山の植物がとても綺麗に並べてあり、
    ゴミゴミした銀座の中にあっては
    異空間とも言うべきスペースになっていて
    以前からとても気になっていたお店です。

    何故気になっていたかと言えば、まぁこのブログに書くくらいですから、
    察しのいい方にはお判りの通り、盆栽が沢山置いてあるからですw

    しかし上の写真や、下記のGoogleStreetViewで見たら、
    ここが銀座のメインストリートからたった一本向こうの道だと判らないのでは。

    GoogleMap
    http://goo.gl/maps/7R77

    盆栽的に安いとかいい物がある、といった店ではないんですが、
    醸し出している雰囲気が、なんかいいんです。

    おまけに今日は、霧雨が静かに音もなく降る
    アンニュイな気持ちになるような天候だったため、
    ますますここの空気に引き込まれてしまいました。

    このお茶屋さん自体は正直あんまり・・・だったんですが、
    植物を扱っている店舗の方は、一見の価値ありだと思います。

    DSC02324

    こちらは店先にあったお地蔵さん。
    いい感じに苔むしてました。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ザクロの蕾  

    DSC02321

    近所の大きな地植えの石榴の木が
    オレンジの花をいっぱい付けています。

    石榴の花は、瑞々しい濃緑の葉と、
    その中に点々と開くオレンジ色の花のコントラストがとても綺麗ですね。

    他方、うちのザクロの新梢がまた10センチくらい伸び出してきていたので
    切り詰めてやろうとよく見てみたら、なんとつぼみが付いていました。

    春先もつい先日も切り詰めたので
    蕾なんて付くはずがないと思っていたのに、
    とても嬉しい誤算です。

    ただ調べてみると、6月頃の早い時期に咲いた花に実は付かないんだとか。
    初めての蕾なので、この大きさからどのくらいの期間で
    開花するのか判らないのですが、
    うまく開花して、あわよくば結実までして欲しい所です。

    category: 捩幹石榴

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    更にクチナシ  

    DSC023172

    朝、水やりをしていたら、クチナシの葉に今年も発見しました。
    緑色の宝石・・・ならぬ、緑色の卵。

    何の卵か知りませんが、今年は沢山付いてましたよ~。
    手で取るのにちょっと躊躇するくらい;

    しかし先日葉刈りしたおかげで
    どこに生み付けてあるか、とても見やすかったため、
    ひとつ残らず取り尽くしてやりました。

    数は数えていませんが、20~30粒は優にありました。
    もしこれに気付かず全て孵っていたらと思うとゾッとします;

    なにげに隣のカリンにも付いていたのですが、
    なにぶん朝の忙しい時間の事なので、
    こちらはパッと見で見える範囲しか確認できなかったため、
    帰宅次第、速攻で駆除しないといけません。

    毎日の観察ってホント大事ですね。

    なお、花は全部元から切っちゃいました。
    今年植え替えたばかりなので、
    花を咲かせるだけでも負担なのに、
    実まで付けちゃったら樹勢の低下は必至ですからね。

    花も見終わった事なので、花の季節には無粋だと思って
    葉刈り後も掛けなかった針金掛けをして、
    暑い夏の間に更なる樹格向上できるよう
    整枝してやろうと思います。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ハナミズキが発芽  

    DSC02305_resize

    ハナミズキが発芽しました。
    本当はしばらく前に発芽していたんですが、
    仕事のあまりの忙しさに、ロクに触れる事もできませんでした;

    しかし花水木の種という奴は、発芽率がかなり悪いようです。
    ひと鉢30粒くらい、二鉢に分けて植えたのに、
    今出ているのは10芽ほど。

    まぁ昨日の記事の通り、沢山増えすぎても困るだけなんで、
    ある意味育て主思いなんですが・・・。

    本葉も出始めたので、そろそろ軸切り挿し芽の適期ですかね。
    去年軸切りをした実生モミジがいい感じに根が揃っていたので、
    今回もそれを期待したい所。

    ハナミズキは葉が大きくつぼみもまばらに付くため、
    小品では見栄えがしない木になってしまうと思われるので、
    大きめに育てようと思っています。

    とりあえず今年は寄せ植え状態で様子を見て、
    来年植え替え時に根の様子を見て選抜していこうと思います。

    category: 花水木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。