鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    小藤 寒樹の姿  

    次は小藤。
    kofuji
    この樹は以前一回載せてますね。
    (左にある『雑木』カテゴリ内『小藤』参照)

    今年一年でかなり小枝が増えて、立派になってきました。

    芽数が無茶苦茶多く、先端で枝が塊状にならないよう、
    こまめに先を空いてやる必要があります。

    残念ながら花は咲かないので、
    左にあるカテゴリでも雑木に入れてます。

    ただ、花は咲かないものの、春の芽吹きの美しさ、
    夏、小さな葉が涼しげに生い茂った様子、
    そして今回の寒樹の姿と、四季折々にとても目を楽しませてくれます。

    葉の展開の様子が、藤同様、葉の柄にそって小さな葉が沢山つくため、
    小枝がどっと増えたように見え、樹の小ささがより際だつんですよね。
    DSCF2694
    売店やネットでもあまり見ない樹種ですが、
    個人的には非常にお勧めです。
    スポンサーサイト

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシ葉すかし  

    休みを使って盆栽の大撮影大会をしました。
    記録としての写真なので、樹の出来の善し悪しに関してはご容赦を。
    kuchinashi
    さて1枚目はお気に入りのクチナシです。

    萬園のマネをして、12月ですが葉すかししてみました。
    葉を落とすうちに、よく見たら石灰硫黄合剤がかかっていない箇所があり、
    そこにアブラムシが集まっていたので筆先でちょいちょいといじめてやりました。

    クチナシの樹は冬支度(葉を落とし、新芽を準備)しないため、
    一年中葉が出てくるのですが、寒い季節だと葉が綺麗に成長・展開せず、
    萎縮した状態になってしまいます。
    そういった葉は鑑賞価値が低いので、目立つものは切り除きます。

    この木、幹にくびれができているので直したいのですが、
    どうやって対処しようか迷っています。

    本来は何もせず、太るに任せるのがいいんでしょうが、
    それでは10年たっても直るかどうか怪しいので、
    余所のブログで見た、幹に切れ目を入れる方法を
    試してみようかと思っています。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    強風と乾燥  

    最近風が強いせいで、真冬だというのに鉢がやたらと乾燥します。
    ムロに取り込んだ樹はいいとしても、
    棚上にある樹はそれこそ真夏並みの、
    一日二回の灌水ペース。

    ベランダ盆栽のきつい所って、こういう所なんですよね。
    マンション三階という低層ではあっても、
    下が土じゃない上に吹きさらしなので、
    どうやっても湿度が維持できません。

    このままでは何かの拍子にまた水切れ→死亡になりかねないので、
    せめて風を防ぐための防風壁を作ってあげようと思います。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    冬囲い2010  

    冬囲いを行いました。

    自分の住んでいる所は東京でも海の近くの温かい所なので、
    気温は同じ東京でも内陸部より2・3度高いようなのですが、
    念には念を入れて、去年から冬囲いをしています。

    ただ、去年行った冬囲いは薄いビニール一枚で
    風よけ程度の効果しかなく、そのせいか、
    枝先が傷んでしまった木もありました。

    そのため、今年はその反省を活かして
    プチプチシートで周りをぐるっと覆っています。

    更に、プチプチのデコボコ側を内側に張り、
    内側に巻いた水分がそこに留まって、
    湿度を維持できるようにもしています。

    さて、このやり方で、首尾良く全ての樹・枝先を
    無事春まで維持できるでしょうか。

    category: その他

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    アップロードテスト2  

    P1050602
    来年の干支&自分の干支のウサギの人形です。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    Flickr画像貼り付けテスト  

    Flickr画像貼り付けテスト

    SDIM0252

    お、なんかうまくいってそう・・・
    管理楽だし、これならもう少し頻繁に画像アップできるかな

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    山葡萄 落葉せず  

    山葡萄、葉の色が変わってさて落葉か・・・と思ってから、
    もう2ヶ月くらい経つのですが、未だに葉が付いたままです。

    枯れたまま、葉が付いてるのかな・・・と思ったのですが、
    触ってみると、まだ瑞々しい状態。

    ブルーベリーもそうだったんですが、もしかしたら、
    このまま落葉せずに来年を迎えるのかも知れません。

    う~む、こんな場合、どうするのがいいんでしょうか。
    ブルーベリーはまだ葉が緑のままなので
    去年同様放置でいいとは思うんですが、
    こうして紅葉しつつ、付いているというのは・・・。

    去年、こんな感じで葉が付いたまま真冬に突入してしまった百日紅が
    結局芽を出さないまま枯れてしまったので、ちょっと心配です。

    category: 山葡萄

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    消毒完了  

    石灰硫黄合剤での消毒を済ませました。

    去年は高濃度の液を樹に直接塗っていましたが、
    楓を中心に薬害っぽい症状が出てしまったので、
    今年は全て30倍液を噴霧する事にしました。

    カリンやイボタはまだ葉を付けていたのですが、
    面倒なので、一斉散布。

    去年は液が濃かったこともあって、
    樹によっては真っ白になっていましたが、
    今年はちょっと白っぽくなるくらいで済みました。

    倍率が低いので、芽吹き前にもう一回くらい散布しようと思います。

    category: 消毒

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    明日の予定  

    明日は晴れて空気も乾燥するようなので、
    石灰硫黄合剤で消毒してやろうと思います。

    去年の日誌を見てみると、やはり同時期に消毒していたみたいです。
    さて今年の冬は、全てを枯らさずに越すことができるのか・・・。

    category: 消毒

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    白侘助が開花  

    椿の白侘助が開花しました。
    やはり椿はいいですねぇ。

    小さな鉢で、相当締めて作っているため、
    今年も何度も水切れの危機に陥り、
    葉も所々変色してしまっているんですが、
    見事に咲いてくれました。

    椿は相当水切れに強いようで、ウチに二本あるどちらも
    小さな鉢で今年の夏を乗り切ってくれました。
    一方で過湿に弱いのか、大きめの鉢で作っていた方は
    水切れしていないはずなのに、枯れてしまいました。

    難しいモンですねぇ。

    category: 椿

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。