鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    金露梅 不調  

    先日まで元気に花を咲かせていた金露梅の調子がイマイチよくありません。
    どの葉も水切れのような感じになって、部分的に灼けています。

    土は湿っているので水切れじゃないとは思うんですが、
    もしかしたら梅雨が明けて陽射しがきつくなり、
    吸い上げが追いつかなかったのかもしれません。
    (一応日陰に退避させてはいるんですが)

    先日葉をある程度落としたんですが、
    もっと葉の数を減らしたほうがいいのか、
    水管理を変えて、腰水とかにするべきなのか・・・。

    あまりメジャーではない木は管理方法がよく分からなくて困りますね。
    スポンサーサイト

    category: 金露梅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    葉が落ちる  

    ここの処、モミジを中心に葉がチラホラ枯れ落ちます。

    水切れかとも思ったのですが、土が湿っている上に、
    水切れの場合、葉は枝から分離する間もなく
    木に付いたまま萎れるため、引っ張っても取れませんが、
    今回落ちていく葉は紅葉の時のように、触るとハラっと離れて落ちます。

    これはどうやら木の生理現象のようで、
    恐らくあまりの暑さに、木、自ら水の蒸散を抑えるために
    葉を落とすんでしょうね。

    しかしこの自動葉刈り、枝を問わずに発生するため、
    混み合った所に葉が残って、残しておきたい細かい枝先は
    全部落ちたりと、なかなか思うような結果になりません;

    やっぱり盆栽は、人の手を入れないと
    どんどん形が崩れていってしまうもののようです。

    この調子で枝枯れされてはたまらないので、
    葉刈りや葉切りを行って、さっぱりさせてやろうと思います。

    先人は、こんなふうに試行錯誤によって植物の生理を知り、
    盆栽を洗練させてきたんでしょうね。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    棚移動  

    梅雨が開けて、あまりに日差しが強いので、
    何か対策を・・・と思ったのですが、元が不精なのと、
    ベランダに寒冷紗を張ったりすると外観が良くないので、
    いっその事棚を移動させることにしました。

    日照が減りすぎるかも・・・とも思ったのですが、

    ■去年、日照を気にするあまり水切れを多発させてしまい、
     結果的に枯れてしまった木が多かった事

    ■今年の6~7月の様子から、ベランダの日当たりさえ良ければ
     反射光等で、十分な成長が得られる事

    ■葉刈り・枝の切り詰め等をした後の新芽は
     いくら水をやっても真夏の日差しに耐えられない事

    などから、棚移動をすることにしました。

    今日の過酷な日差しの元、どんな様子か帰ってみてみると、
    日差しが当たっていないのに土が白く乾いており、
    これが直接陽が当たっていたらと思うと、
    この暑さの中でもゾッとしました。

    今年の夏は、なんとか脱落者なく夏越しをしたいところです。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    取り木していた黒松が・・・  

    取り木をかけていた黒松の葉色が突然悪くなり、瀕死状態です。
    水のやりすぎなのか、根が煮えて根腐れしてしまったのか・・・。

    たとえ枯れてしまっても、原因がわかれば次に活かせますが、
    それも分からないままというのが一番辛いですね;

    category: 黒松

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    軽井沢に行ってきました。  

    少々間があいてしまいましたが、その間に軽井沢に行ってきました。

    行く前は、『所詮、手垢のついた観光地でしょ?』くらいに斜に構えていたんですが、
    実際に行ってみると、閑静な別荘地、豊かな自然、非常に過ごしやすい高原の気候と、
    大満足の旅行になりました。

    いくつかの景勝地を見る間、一軒盆栽工房とやらを見つけたのですが、
    ちょっと時間を取れず、行けずじまい;
    こんなに緑の多い環境で作られる盆栽ってどんなもんなのか、
    次行った時には是非とも行ってみたい所です。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    消毒しない  

    今年は去年と比べてほとんど消毒してません。

    面倒というのもあるんですが、
    去年、結構薬害起こして酷い目にあった木が多いんですよね。

    ネットを見ると、特に消毒してないという人もちらほらいたので
    自分も無消毒の場合はどんな感じになるのか様子を見てみようと
    あえて消毒しないようにしています。

    やっている事と言ったら、夜や雨のあとなどに丁寧に葉水をする事くらい。
    もっとも、水道水って塩素が入っているので、
    もしかしたらこれが効果あったのかもしれません。

    自然の水を、人が飲んでも無害にするくらいですから、
    結構な殺菌力があるはずですよね。

    経過は非常に順調で、特に、去年薬害のひどかったもみじが
    全く問題なく育っているのは嬉しいですね。
    あと、すぐ脇に植えてあるブルーベリーに薬がかからないので、
    食べる際に全く心配ないのがいいです。

    去年は病気なんかも発生したのですが、
    あれは買ってきた木がもともと病気に掛かっていたせいのようで、
    今年は見渡すかぎり、病気にかかっている木はありません。

    盆栽園なんかは一旦病気が発生したら大損害なんで
    こまめに消毒殺虫しないとダメなんでしょうが、
    ベランダで小品をやっている程度なら
    意外と大丈夫な感じです。

    category: 消毒

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    切り詰めまくり  

    溜まっていた色々な作業を一気にやりました。

    モサモサ状態だった
    ・ツルウメモドキ
    ・ウメモドキ
    ・クチナシ
    ・カリン
    ・甲州野梅
    ・緋梅
    ・ザクロ
    を切り込詰め&葉すかししたのと、
    小さな鉢にまとめて実生させたもみじの植え替えです。

    鬱蒼としていたベランダがスッキリしました。

    category: 剪定

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤の水切れ  

    小藤が水切れを起こしてしまいました。

    水切れ前はあまりにモサモサしていたので
    あまり水切れに関して心配してなかったのですが、
    葉の量に比べて鉢が小さかったせいか、
    梅雨の晴れ間にいきなりやられてしまったようです。

    幸い全部の葉がやられたわけではないようなので、
    一旦日差しを避けて、休ませてあげます。

    葉を落として姿が見えやすくなったついでに
    込み入った場所も透かしてやりました。

    藤の仲間は夏場は水に浸けておいても大丈夫なほど
    水を欲しがる樹種のようなので、
    さらに暑くなっていくこの時期、
    気をつけて管理してあげようと思います。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    金露梅 満開 葉透かし  

    金露梅が満開です。
    少しまえに葉透かしをしたのですが、
    またかなり混み合ってきたので再度葉透かしをしました。

    最近忙しかった事もあり、内部を見ると、
    かなり枯れ葉が溜まっていました。

    それらを取り除いてから、上から見て
    下の葉を覆い隠している葉や
    古くなって黄色くなりかけた葉を落としました。

    これで内部に陽が当たり、内側の芽も成長してくれると思います。

    category: 金露梅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    New PC 到着!  

    長い船旅を経て、新しいPCが到着しました。
    これでようやくこのブログもまともに再開できます。

    OSがWin7に変わったんですが、
    これ、昔からのPCユーザーにはかなり使いづらいですねぇ。
    慣れるまでにちょっと時間がかかりそうです。

    この空いた期間には、ブルーベリーの収穫があったり
    金露梅が満開の時期を迎えたり、徒長した枝を切ったり曲げたり
    いろいろあったんですが、それはまた追い追い。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。