鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    小葉性イボタ&黒松  

    行きつけの安行の盆栽センターで以前見た時から気になっていたイボタ。
    再び行った時にもまだ置いてあったので、思わず購入。
    ムッチリ太幹&小葉性の、可愛い奴です。

    ついでにもう一個、黒松も購入。
    幹は細いんですが、幹模様・枝振りがとても良く、
    更には値段も安かったので、買ってしまいました。
    さて、こ奴をどう太らせるか・・・。
    スポンサーサイト

    category: 水蝋

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    自家製ラー油  

    菜園の唐辛子を使って、自家製のラー油を作ってみました。
    材料は、ごま油・唐辛子・ニンニク・ネギ・砂糖・醤油・塩です。

    まず唐辛子の種をとり、輪切りにするのですが、ここで問題が発生・・・。
    『痛い!』
    最初はワケが判りませんでしたが、痛いんです!手が!指先が!
    どうやら唐辛子の汁が直接手に触れたからせいで炎症を起こしてしまったようで、
    そこから幾ら石けんで洗っても冷水で冷やしても、やけどをした時のように
    その日一日は痛みが取れませんでした;

    ラー油は無事できたのですが、こっちが無事じゃありませんでした;
    護身用の唐辛子スプレーとかあるみたいですが、
    こんなの顔にかけられたらと思うと、恐ろしいです・・・。

    category: .ベランダガーデニング

    thread: ***ベランダガーデニング - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    気温と太陽角度  

    徐々に気温が下がり始めてきた気がします。
    結局今年の夏は、ジリジリとした太陽の熱さを実感する事もほとんど無いまま、
    終わりを迎えようとしています。
    この分じゃ、八月の日照時間の短さも、記録的だろうなぁ・・・。

    とはいえ盆栽にとっては、暑すぎる夏は葉焼けや水切れなど害も多いので、
    こんな感じの気温低下が早めに来たのは歓迎すべき事かも知れません。

    さて、涼しくなり始めたので、早速施肥を再開してみました。
    太陽の角度が徐々に浅くなり、棚にも良く陽が当たるようになってきたので、
    真夏の失敗を取り戻すべく、成長して欲しい所です。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    百日紅 芽吹き  

    花枝を切り詰めた百日紅が、早くも芽吹いて葉を伸ばし始めました。
    本当に丈夫な樹種です。

    前の記事でも書きましたが、家のベランダ盆栽棚は非常に過酷な環境なので、
    こういった強靱な樹種を選んで育てていった方が良さそうです。

    今の所、自分の所で育成経過がいいのは、
    イボタ・百日紅・老爺柿・花梨・ツタ・ケヤキ・石化檜といった所。

    楓・紅葉類の経過がイマイチなのが残念ですが、
    特に楓に関しては、無理な葉刈りが祟った所が大きいです。

    あまりの熱さと乾燥に新芽がやられる事が多かったのと、
    自分の無知で、半日陰管理をしなかったため、
    回復の余地がなかったのだと思います。

    盆栽を初めての1年目の夏は、本当に試練の季節でした・・・。

    category: 百日紅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    初めての夏越し  

    八月も終わりのこの時期、春先に買った木の何割かが樹勢を衰えさせたり、
    葉枯れしたり、あるいは枯れてしまいました。

    どこかのサイトに書いてあったり、自分でも思うのですが、
    盆栽は、過酷な条件で生育させられるだけに、
    置き場所や培養技術に向き不向きがある事が判りました。

    家の置き場は、マンション3階のコンクリートのベランダです。
    ここは、一見日当たりも良く、風通しもいいように見えるのですが、
    GW頃から梅雨時、ベランダ内側には陽がなかなか当たらず、
    葉の薄い紅葉や楓、長寿梅などの樹種に、ひどく病気が出てしまいました。

    夏の暑さも小さな盆栽には致命的だったようで、
    そのまま日向に置いておいた樹が、何本も葉ガレ・枝がれ・あるいは枯死してしまいました。

    一方で、百日紅や花梨のように、グイグイ伸びるわ枝分かれするわで
    夏場に多くの花を咲かせてくれる樹もありました。

    1年目はなにも考えず、手当たり次第様々な樹を購入していましたが、
    棚場の特徴を理解したうえで、来年からの盆栽育成を行っていきたいと思います。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    百日紅の花を落としました  

    百日紅の花を落としました。
    あまりにも多く咲いていたため、樹勢が落ちるのではないかと思ったためです。

    しかし盆栽の夏越しがこんなに難しいとは思いませんでした。
    このサルスベリは大丈夫だったのですが、
    半分くらい水切れで葉が変色したり枯れたりしてしまったのは、かなりショックでした。

    category: 百日紅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    里帰り  

    二泊三日で里帰りをしました。
    盆栽を手に入れてから、初めての夏の長期(?)外出です。

    水やりをしたあと、お風呂場に樹を全て取り込み、
    洗面器に水を溜めて湿度を維持するようにして出かけました。

    そして二日後・・・

    パッと見は大丈夫そうだったんですが、
    一部、水切れを起こしてしまっていました;
    ケヤキ(小)と梅もどき(雌・雄)です。
    やはり、土が少なく鉢が小さなモノは、水気がないと厳しいようです。

    次回、長い外出がある際は、腰水状態で対処しようと思います。

    category: 梅もどき

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    取り木用 獅子頭  

    取り木用に、大きな獅子頭を買ってきました。
    イボタの既に出来上がっていた丸っこい樹と迷ったんですが、
    イボタは既に一本あるし、獅子頭の出来のいい商品はとても高い事、
    樹幹分がよく枝が混んでいて、取り木に向いていた事もあり、こちらにしてみました。

    早速家に帰って植え替えをして、葉すかし・軽い剪定まで済ませました。
    取り木作業にかかるのは、来年春先です。

    category: 獅子頭

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    カリンの取り木の発根  

    おっと、忘れる所でした。
    カリンの取り木の発根が順調なのですが、
    ちょっと最初に入れた水苔が少なかったせいか、
    乾きが見られるようになってきたので
    土を入れて、更に発根を促し、強い根を作る事にしました。

    流石にこの時期の切断は怖いですし、
    そのままにしたら、根が枯れそうだったので。
    この処置が吉と出て、巧い事、いい根張りのカリンが生まれればいいなぁ。

    category: 花梨

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    葉焼け  

    棚場を見渡すと、雑木の中に、葉焼けしている物が多い事に気付き、
    急遽、棚下に移動させました。
    焼けが顕著なのは、紅葉・楓・岩四手・ケヤキあたりで、
    どれも葉が薄い物ばかりです。
    恐らく水の供給が追いつかないんでしょうね。
    逆に、葉の厚い老爺柿・イボタ・百日紅・ニレケヤキなんかは
    もっとくれもっとくれ!って感じで元気いっぱいで頼もしいばかりです。

    あ、カリンはどうなのかなぁ・・・。
    取り木中の根乾きが心配だったんで、棚下に移動させましたが
    カリンも結構大丈夫そうな感じです。
    今日帰って様子を見て、大丈夫そうなら棚上に移動させましょうかね。

    とはいえネットの情報だと、楓・紅葉あたりも春先からこちら、良く陽に当てて慣れさせておいたら
    大丈夫らしいとの事なので、その時期に日当たりの悪い内のベランダ棚場が恨めしいです・・・。

    category: 雑記

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。