鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    百日紅の剪定  

    百日紅の春枝を梅雨の初めに剪定したのですが、
    その後に伸びてきた夏枝が、またしてもボサボサに伸びてきてしまいました。

    このままでは、木の内側の小さな芽や枝が枯れてしまう恐れがあるため、
    何らかの方法で風通し・日当たりを良くしたいのですが、
    どうしようか、ちょっと迷っています。

    選択肢は、以下のような3つがあります。
    1.何もしない。
     →百日紅のつぼみは伸びた枝の先に付くため、剪定してしまうとつぼみが付きません。
      単に花を楽しみたい、かつ幹太りさせたいのであれば、この選択肢が一番ですが、
      懐芽や枝を枯れさせてしまう恐れがあります。

    2.1~2節残して剪定し、更なる夏枝の伸張を待つ。
     →木の姿を最も美しく保てる方法ですが、つぼみを失うため、花を楽しめません。
      更なる夏枝の伸張があれば、秋口に花を見られるかも知れませんが、
      一種の賭けになってしまいます。
      ・・・とはいえ、つぼみを育てるエネルギーを夏枝に回せるため、
      今の勢いを見る限り、夏枝2に更に花芽が付く可能性は高いと思われます。

    3.葉すかし。
     →枝が骨のようになってしまいますが、花は楽しむ事ができます。
      懐への日照もバッチリ。

    1は無いですね。
    3が良いように見えるのですが、みすぼらしい姿の枝に花だけ付いても・・・という気はします。
    更に、寒樹の美しさを考えると、2を選びたくなります。

    でもまぁ、3ですかねぇ。
    伸ばしたい・太らせたい枝で、なおかつ花芽が付いているのを残せば
    希望通りの姿になるのかな。

    ネットで一応聞いてみますが、どちらにせよこの選択肢の内のどれかが回答返ってくるでしょうし、
    2と3の中間のような形で剪定しますかね。
    経験者の方に、2の後の経過など聞けたらいいんですが。

    迷っていても、時間が過ぎるばかりで次の芽出しが遅れるだけなので、
    今夜にでも剪定を行おうと思います。
    写真撮るのを忘れないようにしないと。
    スポンサーサイト

    category: 百日紅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    針金切りをしました  

    唐辛子収穫

    雑木の針金切りをしました。
    今日針金を外したのは、百日紅・紅花常磐満作・イワシデなど。

    巻いてから大体二ヶ月ほどですが、
    早くも針金痕が残ってしまうほどの太りを見せている物があり、
    成長の早さには驚かされます。

    とはいえ、針金傷ができてしまった樹は、大抵針金をきつく巻きすぎてしまったものなので、
    次に針金をかける時は、もっと隙間を意識して針金をかけようと思います。

    今日は、唐辛子を収穫しました。
    唐辛子の収穫時が判らず、赤くなってから今日まで、
    かなり長い間、木に付けたままにしていたのですが、
    ネットで収穫時期を調べてみると、あまり長い間付けていたものは
    辛みが失われるとの記述を見つけ、急いで収穫しました。

    丁度バジルも新しい葉が沢山展開していたので、
    そちらと併せてバジルのペペロンチーノを作ってみました。
    オリーブオイルが少なかったためか、ちょっとモソモソになってしまったものの、
    結構美味しくできて、満足です。

    category: 百日紅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    水切れ?  

    水切れが原因なのか、梅もどきが実のほとんどと、多くの葉を落としてしまいました。
    今年の秋は、綺麗に赤く色づいた、鈴なりの実が見られると思っていただけに、とても残念です。
    この梅もどきは鉢がとても小さく、それだけに見栄えがしていい木だったのですが、
    初めて迎える夏を完全に舐めていました。
    他に実がなっている木は老爺柿だけで、こちらは深い鉢に入っているので大丈夫だと思うのですが、
    来年こそは、こんな事が起こらないように早めに水切れ対策をしようと思います。

    category: 梅もどき

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    広樹園  

    ちょいとした用事があって、京都に行ってきました。
    時間があいたので、どこかいい時間を潰せる所はないかな~と思ったのですが、
    行き先は、やはり盆栽のニオイのする方へ。
    で、京都と言えば、広樹園!

    というわけで、気合いを入れてタクシーに乗ったんですが、
    運転手さんがお年を召した方で、盆栽園の名前を言っても判らず、
    携帯に表示された住所も見えず・・・結局たどり着けませんでした;

    でも交番で場所だけは確認してきたので、
    次に京都に行く機会があったら、真っ先に行ってこようと思います。

    category: 盆栽園

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    取り木した花梨  

    取り木した花梨の一本が元気よく発根してきました。
    これは、以前取り木に失敗したのを削り直した奴です。
    失敗時は、3ヶ月くらい水苔を張っていても全く発根せずに巻いてしまっていたのですが、
    今回は、ひと月ほどでワサワサと生えてきました。
    来週にでも、切り離して植え直そうと思います。

    category: 花梨

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    台湾ツゲ  

    今朝、台湾ツゲの盆栽が届きました。
    ヤフオクで落札した物で、落札価格は二千円ちょい。

    この根張り・幹肌・枝振りでこの値段は破格です。
    ネットで検索しても、これより劣る物が
    一万くらいで平気で販売されているようです。

    売値で盆栽の良し悪しを計るつもりはありませんが、
    とてもいい買い物をしたと思います。
    ヤフオクを介しての購入は、これがあるからやめられないんですよね。

    でもこれがまた諸刃の剣で、いざ手持ちの物を売ろうと思ったら、
    たまたま買いたい人に巡り会わず、やすーく買われちゃったりもするんですよね。
    ままならないものです。

    ともあれ、これからうちの棚で、元気に育っていってほしいものです。

    category: .雑木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    梅雨明け!!  

    梅雨明け!!
    と普段の自分なら喜ぶのですが、今年は盆栽を始めた事もあって、素直に喜べません。

    先日、梅雨の後半の晴れ間で思い知りましたが、
    夏の陽射しは盆栽にとって本当に厳しいですね。
    会社に行っている間に、鉢の小さい梅もどきの葉があっという間に萎れてしまい、
    帰ってきて相当焦りました。

    夏という事で太陽が高いため、日当たりもそこまでよくないし、
    ま、大丈夫だろう・・・と思っていましたが、これは油断していたら、
    速攻でおだぶつでしょうね。

    そうなると、やらなければならないのは日よけなんですが、
    これをどうしたものか・・・。

    うちで一番日当たりのいい場所は一番高い棚なので、
    柱が無く、屋根(寒冷紗)を置く事ができません。

    逆に日除けのできる場所は日照が悪く、
    夏、一番生育のいいはずの季節に陽に当てられなくなってしまいます。

    一旦、棚の並び・位置を夏用に変えた方がいいのかも知れないですね。
    他にも、ようやく本葉を展開して伸び始めた姫柿の苗をどうするかなど、
    夏本番に向けて、やらなければならない事がいっぱいです。

    category: .作業

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    トマト&バジル収穫  

    トマト収穫!

    ベランダ菜園のトマトとバジルを収穫しました。

    トマトはボンリッシュという品種で、出汁のような旨みが特徴らしいのですが、
    パスタにしてみて、その言葉に偽りのない事を確認。
    とても濃厚な味で、塩胡椒とバジル・ソーセージしか入っていないのに、
    コンソメの素を入れたかのような味に驚きました。

    でも現在のベランダのトマトはハダニにやられてしまって息も絶え絶え・・・。
    この夏を乗り切れるかどうかが心配です。

    category: トマト

    thread: ***ベランダガーデニング - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    肥料交換  

    先日肥料交換をしたのですが、百日紅とニレケヤキは、
    樹勢が強い割に肥料が少なかった(与えていなかった)ので、追加で肥料を与えました。

    このニレケヤキは先日取り木をした物の下部分で、最初はそれこそ一本棒だったのですが、
    切った直後からどんどん芽吹いてきました。
    頂部がまっすぐ切られているため、まともな盆栽にはなりそうもないですが、
    箒仕立てで大木風に育てていけば、いずれ傷も目立たなくなるのではないでしょうか。
    吉田茂のケヤキも、不格好だが立派に育っていたので、この木もそんな風に育てていければと思います。

    百日紅
    先日二度目の芽切りをしたのですが、そこから更に芽が伸びてきました。
    この枝に花芽が付くと、綺麗に満開にできそうなのですが、
    今の柔らかく弱々しい新稍を見るに、そう巧くいくかどうか・・・。
    ただ、ネットに書いてあった話では、9月10月まで花芽は付くらしいので、
    今回の芽は摘まずに思いっきり伸ばしていきたいです。
    あと、そろそろ針金は外した方がいいかなぁ。

    老爺柿の実生。
    芽出しが遅れた上に真っ白のモヤシ状態で掘り出され、
    当初は全滅するかと心配していたのですが、
    こちらの心配を余所に、そのまま植え付けたものも、軸切り挿し芽したものも
    グングン伸びてきています。

    心配だったコバエも、コケを除去したお陰かどこかに行ってしまったので、
    このまま成長を続けてほしいところです。
    この中に雌木が沢山あればいいんですけどね~。

    コバエと言えば、コバエによくたかられていた梅もどきの大納言がお亡くなりになってしまいました。
    鉢から出して根を見てみると、どうやら切断面が腐っていたらしいのと、
    土が変に硬化していて、それが水はけなどの問題を引き起こしていたようです。
    コバエは、若葉にたかっていたのではなくて、腐敗臭に惹かれていたのか・・・。

    植え付け時から比べると根も増えており、適切に対処していれば
    順調に育っていたであろう事を思うと残念です。
    次からは、大きく根を切った木は、癒合剤をしっかり塗ってあげようと思います。

    ・・・そうなると、同時期に植え付けを行い、やはり現在調子の悪いトキワマンサクも
    同様の症状が出ている可能性がありますね。
    確かにコバエが時々来ていますし。
    コバエも、嫌うだけではなくて、不調センサーとして、ある意味役に立つ面もあるんですかね。
    帰ったら、早速掘り出して確認してみようと思います。

    category: 百日紅

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tag: 百日紅  楡欅  コバエ  肥料  老爺柿 
    tb: 0   cm: 0

    イボタ正面決定  

    体調不良により旅行が駄目になってしまったので、
    今日明日は家で静養=盆栽いじりです。

    とは言え特別に何をするというわけではなかったんですが、
    今日は購入時から気になっていた、イボタの正面決めと整枝をしました。

    このイボタ、枝振りがとてもお気に入りなのですが、どうにも正面が決められず、
    結局どの枝も伸ばしっぱなしだったんですが、今日はじっくり向き合って、
    正面を決めてみました。

    Aの方は主幹が一番前に来ることもあり、本来であればこちらが当然正面になるはずだとは思うのですが、
    いかんせん、単に主幹が正面に来ると言うだけで、主幹の幹模様は見映えがしないし
    1の枝も、なんか決まりません。

    一方、B側。
    こちらは主幹の前に三幹のうちの一本が来てしまうものの、
    主幹の幹模様の見栄えの良さ、1の枝の枝模様の良さ、
    あと、三幹の一本が手前に来る事で景に奥行きが出て、
    何か神秘的な雰囲気すらします。

    と言うわけで、こちらを正面に決定!
    何度も確認した上で、主幹の樹冠部を隠す枝を大きく切って
    主幹をてっぺんまで見えるようにしました。

    やり直しがきかない作業で緊張しますが、
    それだけに、巧く行った時の喜びはひとしおです。

    category: 水蝋

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。