鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ケヤキ  

    今年に入って、ケヤキが目に見えて太ってきています。

    今年の春の植え替え時に根をかなり残しておいたので、
    栄養の吸収がいいんでしょう。
    ここにも書いた目論見通り、根本にかけて
    自然な感じに末広がりに充実してきて、
    次に根本を見るのが楽しみです。

    ・・・が、それに反して上部のほうが
    あまり見応えのある木になってくれません;

    どうも枝先・新芽が間延びしてしまって、
    一節目の葉が近い位置に展開してくれないんです。

    明確な原因は幾つかあって、ひとつは整枝不足。
    春先からこっち、ずっと忙しくてこまめに面倒が見れていません。

    もうひとつは肥料のやり過ぎ。

    といっても今年は骨となる枝が揃ってきたので
    そろそろ枝先を混ませる管理にしようと思っていて、
    春先はできるだけ肥料をやらないでおいたのですが、
    そうしたら葉が全体的に色あせたような黄緑になってきてしまいました。

    葉が固まる頃になっても葉色が薄く黄色っぽいままで
    明らかに栄養不足の様子を見せていたので
    焦って肥料を多めにやってしまったんですよね。

    そうして無事葉に色が戻ったのはいいんですが、
    樹勢は勢いを増して、短く節が止まるどころか
    強い新梢がピュンピュンと伸び出して、えらいことになってしまいました。

    ゼロか100か、みたいな管理は駄目ですね。
    成長もそれに応じて極端になってしまいます。
    スポンサーサイト

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ケヤキ  

    OM-D_20130307_005

    2011年に植え替えしたのでもう一年そのままにするかどうか迷ったんですが、
    鉢縁の土を軽くかいてみると、既に根が回っている感じだったので、
    植え替えを行いました。

    鉢から出してみると、やはり長い根がグルグルに巻いていて、
    丁度植え替え適期。

    根張りが結構できてきたので、それを更に促進させるよう
    あまり土を落としきらないで、根鉢を丸く切り揃える程度に揃え、
    できるだけ高植えしておきました。

    さて、書籍に載っている植え替え方だと、
    太根はできる限り元に近い細根の位置まで切り詰めて
    根の力を均一化させる、というのがセオリーですが、
    自分の場合は太い根だけ切り詰めるような事はしていません。

    むしろ、いい位置に出ている太根を選んで残すようにしています。

    その理由は、いくつかの根に力をあえて偏らせる事で、
    自然樹にあるような、幹からの連続性のある
    ヒダをもったような根張が作れるのでは、と考えたからです。

    つまり、自然樹においては成長しやすい根がそれぞれ偏って太り、
    その根に連なる幹もまた偏りながら成長するため、
    結果として根と連なる幹に、ヒダのような形状が生まれる
    というわけです。

    書籍によくある、強い根を抑制して根の力を均一化させる方法を行えば
    根張りは一律に成長しますが、そうやって成長した根本は
    ひたすら均一に広がって盛り上がり、根張と言うよりも、
    さながらコブか何かのようになる木が多いように感じます。

    自分の目指すのは、そういった大きさだけを求めた根張ではないので、
    セオリーとは異なりますが、独自の根捌きを行なっています。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ケヤキの鉢増し  

    爽やかな秋空の下、
    幾つかの木を鉢増ししたりしました。

    根詰まりが気になっていた木や、
    木押さえのための針金が根に喰い込み始めていたのを切ってあげたり。

    そんな中の、ケヤキの作業。
    涼しくなった事もあり、根本に陽を当てて、根の太りを促進させようと
    根張り部分の土を掘ってみたのですが、
    かなり深植えになっていたために、
    土がすり鉢状になってしまいました;

    植え替え時に根を切り詰めた木は
    乾燥が怖くて、かなり深植えにしてしまうんですよね。

    これでは流石にマズイので、一旦根鉢ごと取り出し、
    上土を除去してから鉢に土を入れ、
    丁度いい深さにして植え直しました。

    秋の作業は地味ですが、
    春から夏の管理の成果を見られるので
    なかなか楽しいものがあります。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ケヤキ植え替え 根の傷み  

    先日の日曜にケヤキを植え替えしたんですが、
    このケヤキ、夏場の水切れで根がかなり傷んでいたようです。

    鉢から出してみたら、根があまり回っていないのと同時に、
    痛んだ真っ黒な枯れ根が沢山見られました。

    それもそのはず、鉢底石が、鉢の三分の一くらいまで入っていました。
    そりゃ乾きやすいはずだ・・・。

    コレをやった当時は水遣りのなんたるかとかが全然判っておらず、
    単に水はけの良さだけを求めた結果、このような事をしたんだと思います。

    追記。
    そうそう、思い出しました。
    確かこの木を植え替えした時は、
    鉢の上に藻やらが発生しまくっていたんです。
    その原因を、鉢の水はけが悪いんだと思っていたんですね。

    今思えば、本当の原因は、鉢土表面が乾く前に水やりをして、
    常時土が濡れた状態にしていたからなんですが、
    当時は気付きませんでした。

    更に追記

    前に植えていた鉢は、3.5号の『深鉢』。

    確か、3.5号の『浅鉢』と同じ土の量にするために
    底上げしていたような気がします。

    しかし直径が同じ3.5号鉢で同じ土の量にしても、
    浅鉢に普通に植える場合はゴロ・鉢底石の層が薄いため、
    鉢の底に多少なりとも水が留まって適度な乾きになりますが、
    自分のやった、深鉢に鉢底石を大量投入した方は、
    水が底まで一気に抜けて、即座に水が切れてしまいます。

    植え替えは、昔の自分の反省と共に、
    成長の跡を確認できる場でもありますね。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    季節外れのケヤキ葉刈り  

    先日葉刈りをしたケヤキから、芽が出てきました。

    こんな時期の葉刈りは普通に考えたらかなり遅い時期ですが、
    今住んでいるマンションはコンクリートの屋根に熱が貯まるせいで
    夜になっても気温が下がらないので、去年の棚場の様子から考えても
    11月くらいまで葉は緑のままだと思われるので、
    思い切ってやってしまいました。

    通常の葉刈りは6月7月・8月にひと月休んで紅葉が10月11月なら
    葉が養分を生産する期間はだいたい3ヶ月くらい。

    今回9月に葉刈りして11月~12月紅葉なら、休眠期が無い分、
    養分をためる期間も十分かな、と。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    ケヤキ落葉  

    ケヤキが大分葉を落としています。
    紅葉すると思っていたんですが、夏場の管理のまずさのせいで、
    残念ながら緑のまんま葉がカラカラになって、落葉している感じです。

    楓も同様に、カラカラ落葉;

    盆栽の楽しみ、春の芽出し、秋の紅葉・実付き、寒樹の姿のうち、
    紅葉を楽しめないのは残念です。
    来年こそは、夏の管理をしっかり行い、
    見事な紅葉が見られるようにしたい所です。

    今年の夏は、棚場に陽が当たらないのを嘆いていましたが、
    必死に陽に当てるよりもむしろ、休眠期として完全な日陰に置き、
    七~九月の猛暑を避けた方が良さそうですね。

    現在の棚場を見る限り、そうして葉を茂らせた状態で
    九末~十月の秋の成長期を迎えたほうが、
    秋の季節を楽しみと共に迎えられそうです。

    category:

    tb: 0   cm: 0

    ケヤキ葉刈り  

    今朝はケヤキを葉狩りしました。
    家にケヤキは二本あるんですが、盆栽祭りで購入した一本が
    とても性が良く、枝分かれよく元気に育っています。

    長年ケヤキを育ててきたらしいケヤキおじさんから購入したのですが、
    とてもいい人で、こちらがうんうん唸って選んでいると、
    いろいろとアドバイスをしてくれました。

    category:

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tag: ケヤキ 
    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。