鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    紫式部 芽摘み  

    実を付けさせるために伸ばしていた紫式部ですが、
    大きくなってきたので芽摘みをしました。

    ただ、やはり紫式部は二節目以降にしか花芽を持たないようで、
    どうにも間延びして大きくなってしまいます。

    実を楽しんだあとに切り詰めればいいと思われるかもしれませんが、
    その頃には来年の芽も準備されているので、そうも行かないのが悩み所。

    ただネットでその辺りを探ってみると、
    芽摘みをしたあとの芽にも花芽を持つ性のものもあるらしく、
    この木が今年どうなるのか、ちょっと経過観察してみようと思います。

    もし芽摘みをしたあとの芽にも花芽を持つのなら、
    最初の芽はいっそのこと元から詰んでしまって、
    二番芽の一節目に花芽を持たせる、なんて事も可能になるかもしれません。

    もっとも新芽を詰んでしまうなんて暴挙は
    枝を枯れさせる恐れもあるので、不要枝で試してみないと怖くて出来ませんが、
    もし出来るなら、小さく作れる上に実も一節目から見られるしで一石二鳥。

    試してみる価値はありそうです。
    スポンサーサイト

    category: 紫式部

    tb: 0   cm: 0

    紫式部 新芽 摘まない  

    OM-D_20130329_037

    今日は久しぶりに暖かさと日差しを取り戻したせいか、
    木々の新芽が競うように伸びています。

    写真の紫式部は、芽先だけを見れば
    そろそろ芽摘みをしてもいい頃合いですが、
    今年はまだ芽摘みをしていません。

    というのも、以前ブログにも書いたのですが、
    去年一節目で芽を摘んでしまったら、
    その枝には花芽が付いてくれないかったためです。

    この点について、100%の確信はないのですが、
    それを確認するため、今年はひと通り花芽がつくまで
    ほったらかそうと思っています。

    ただ、ネットで紫式部の画像を調べてみると、
    まっすぐに伸びた枝先にたわわに実った画像がたくさん見つかるのですが、
    これを自宅の木で再現しようと思ったら、
    折角の模様木の樹形が台無しになってしまいます。

    大きい木ならいざ知らず、小品サイズで枝先を
    二節以上伸ばすのは結構厳しいものがあります。

    紫式部を上手に仕立てている人はどうやって木を整えているのか、
    もう少し調べてみようと思います。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紫式部  

    OM-D_20130316_007

    紫式部です。

    枝先が細かくなって貫禄が出てきたせいか、
    細いながらもウチの棚場の主役となりつつあります。

    そんな木だけあって、春の芽吹きも立派なもんです。
    形小相大を地で行く、見応えのある姿です。

    ただ実際に見た時はいいんですが、
    こうして写真で撮って言い逃れできない状態で見ると、
    上部のわざとらしいクネリがちょっと気になりますね;

    アタマもちょっと枝が太くなってしまったので、
    いずれ改作する必要があるかもしれません。

    ま、それは先の話。
    今は芽吹きの時期の美しさを愛でましょう。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紫式部  

    Murasaki-sikibu_2012_12

    紫式部です。

    本来は実がたわわに成っているはずの季節ですが、
    今年はあまり留まりませんでした。

    もう一節くらい伸びて欲しかったのですが、
    夏の異常な暑さのせいか、それとも根が詰まり始めたのか
    ほとんど芽が伸びず、枝密度的には去年と殆ど変わっていません。

    ただこの木も枝がかなり充実してきていて、
    葉の大きさから考えてもそろそろ完成と言っていい
    バランスになっていて、見ていて飽きない木になっています。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紫式部 芽摘み・剪定  

    最近は結構忙しい事もあって、なかなか木に手を入れられません。
    この季節、枝の伸びもいいので針金をかけたり
    芽摘みもしなければならないのですが。

    今日はそんな中、紫式部の剪定をしました。
    今年は受粉作業を怠った事もあって
    結局ほとんど実が付かなかったので。

    以前少し書きましたが、うちの紫式部は新しい芽が伸びた
    二節目の葉元に花が咲くため、実を付けるのであれば、
    ある程度の間延びは免れません。

    その点今年のように実が付かないと、一節目で枝を止められるので、
    節の短い枝分かれを多くつくるための剪定が行えます。

    とはいえ家の木は結構出来てきた木で、
    今年は実を付けさせて鑑賞段階の樹だっただけに、少し残念・・・。

    というのも、枝を混ますのはいいのですが、それが行き過ぎてしまうと
    枝が密集しすぎて葉姿が見苦しくなってしまうからです。

    この分だと来年も花は咲かせてくれそうですが、
    来年の葉姿は、今年ほど優雅な状態で止めておくのは難しそうです。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紫式部の花  

    芽摘みの最中に気付いた事。

    紫式部の蕾は、そのほとんどが二節目以降の葉の元から出るっぽいです。

    枝を混ませたかったら、一節残しで芽摘みをするのが定石ですが、
    実を見ようと思ったら、二節以上残残さないといけません。

    ただでさえ紫式部は一節が広いのに、
    小さく作りたい人にとってはなかなかキツイ仕様だなぁ。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    紫式部 芽詰みか放置か  

    紫式部の芽が順調に伸びています。
    去年と違い、今年はまだ肥料をやっていないので、
    葉の節も短めでいい調子です。

    ただ、流石に結構伸びてきているので
    芽詰みをしようと思うのですが、ここで手が止まっています。

    葉の出具合・固まり具合・伸び具合からすると
    もう芽詰みをしてもいい頃合い。

    しかしこの木は枝も充実してきており、
    今年はそろそろ実を楽しみたい所。

    そうなると、この時期の芽詰みは実なりにとって
    あまりよくないのでは?

    ・・・などと、優柔不断に毎朝棚場を眺める日々です。
    まぁそういった悩みが楽しいんですけどね。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    実もの3本 紫式部・ザクロ・老爺柿  

    紫式部 新芽
    紫式部 新芽

    石榴 新芽
    石榴 新芽

    老爺柿 新芽
    老爺柿 新芽

    芽吹き遅めの実ものたち、ザクロ・老爺柿・紫式部ですが、
    今年もちゃんと芽吹いてきてくれました。

    紫式部は不思議な芽をしています。
    普通の木の芽は鱗片で覆われていて、
    その中から新芽が出てくる感じですが、
    紫式部は小さくしなびた葉っぱのような芽が急にみずみずしくなって
    一気にこのような葉になってしまいます。

    かなり枝数も増えているので、今年はちょっと締めて作ろうと、
    植え替えせず肥料もやらずにおいています。

    肥料あるなしでどの程度春の成長に差が出るか、
    観察するつもりです。

    盆栽は、単に元気よく成長させればいいというわけでは無く、
    できるだけ小さく作っていくというのが目的の一つ。

    そんなわけで、時には我慢させるのも重要な管理の一つです。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小鳥の訪問  

    紫式部_20111227
    ※2011/12/28画像追加

    冬に入って太陽の角度が低くなったので、
    光が部屋の中に差し込んできます。

    ふと気づいたら、カーテン越しにピョンピョンと小さな影が。
    小鳥がベランダにやってきている様子です。

    そ~っとカーテンを開けて覗いてみようとしたのですが、
    素早く気づかれてしまい、姿を見る前に
    サッと飛びさってしまいました。

    残念に思いながら、水遣りするために窓を開けて
    棚場を見てみると・・・。

    紫式部の実がひとつも無い!
    なんと、小鳥が全部食べてしまったようです;

    葉を落としたので、少ないながらも
    実を付けた姿が楽しめるようになったので、
    そろそろ写真撮影しようと思った矢先に;

    まぁエサの少ないこの季節、
    軒先にキラっと光る綺麗な実があれば、
    そりゃ食べに来ますよね・・・。

    でも盆栽たちは、鳥から保護ってしようという気には
    あまりならないんですよね。
    枝を折られたりするなら話は別ですが、
    ブルーベリーなんかと違って人間が食べる実じゃないですし。

    あ~、やられた・・・と思いながらも、
    来てくれるのを楽しみにしたりもしています。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紫式部の実 色付き  

    紫式部の実が少しずつ色付いてきました。

    残っている実はわずかですが、
    初の実なりですから、贅沢は言えません。

    ここ数日、朝晩かなり涼しくなってきましたが、
    ちょっと気になるのが葉ヤケ;

    葉の数は残っているんですが、
    夏からこっち、徐々に葉の周囲が茶色くなってしまっています。
    パッと見、葉の全体量の二~三割くらい。

    無事に栄養を行き渡らせて、
    綺麗な紫色の実を見せて欲しい所です。

    category: 紫式部

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。