鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    動く植物  

    小藤は夜になると葉がうなだれて、朝になると葉が広がります。

    盆栽ではありませんが、サボテンも
    陽の光を求めてかなり大きく湾曲します。

    こういう小さな変化を棚場で見つける度に、
    植物の生命力を感じて、ちょっと感動します。
    スポンサーサイト

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤  

    6D_20131117_011_fix

    小藤です。

    この木も自宅に来てからかなり姿を変えました。
    → 当時の姿

    最初は小さく小さくまとまった木でしたが、
    枝の密度に対して葉が多く、あまりに密集してしまうので、
    ゆったりとした枝配置になるように針金で下ろしつつ広げました。

    今は少し黄色くなった葉が付いていて、触るとハラハラと葉が落ちます。
    もう少ししたら全て葉を落とし、枝模様がよく見えるようになるでしょう。

    この木は少し前まで針金を巻いていましたが、
    夏が終わった頃に外しました。

    とても弾力のある木なのでなかなか癖は付きませんが、
    弾力のある分、かなり自由に枝配置を操作できるので、
    時間をかけてじっくり形作ればいい木になってくれます。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤 葉姿  

    OM-D_20130630_031

    小藤です。
    梅雨に入ってモサモサと伸びていたので整えてみました。

    針金が結構掛かっていますが、
    かけた当時からほとんど太っていないため、
    癖がついたかどうかも怪しいので、
    もう暫くそのままにしておくか鑑賞のために外すか、
    ちょっと迷っています。

    しかしこの小藤、本当にいい木になってくれました。
    この木、最初はもう少し小さく作られていたんですよね。

    購入当時の小ささ・枝の密度は、葉の無い寒樹の時は
    それはそれでとてもいい感じだったのですが、
    ひとたび葉を展開すると、木の大きさと枝葉の密度のバランスが合わず、
    凄くボサボサと密集して暑苦しい感じになっていました。

    好みもあると思いますが、
    小藤は葉が出た時が一番美しい木だと思うので、
    少し大きめに作りなおし、今の姿になりました。

    夏の棚場に涼を呼んでくれる、欠かせない一樹です。

    category: 小藤

    tb: 0   cm: 1

    小藤_2012_12  

    Kofuji_2012_12

    小藤です。
    去年は旺盛に伸びて、ちょっと目を離すと大きくなっていましたが、
    今年はほとんど芽が伸びず、去年とサイズも枝先の細かさも殆ど変わりませんでした。

    それでも一年経ったなりに古さは増して、枝先に陰影が濃くなってきています。

    左の一の枝が上向いてしまっているので
    冬の間に針金をかけ、矯正しようと思っています。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    葉ぶるいした小藤  

    どうなる事かと思っていましたが、その後数週間経った今、
    何事もなかったかのように新芽が開き始めました。

    他のブログを見ていると、どうやら今回の葉ぶるいは
    『トヤ』という木の生理のようで、別に病気等ではないようです。

    この『トヤ』。調べてみると、鳥類の羽の生え変わり時期の事も指すようで、
    ネットには主にその意味が多く掲載されていました。

    あまりに唐突な落葉で驚きましたが、
    植物の正常な生え変わりとわかったのでひと安心。

    再び青く生え揃ってきた葉を前に、胸をなでおろしています。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤 突然の葉ふるい  

    先週の事。
    棚場の小藤の葉色がおかしかったので葉に触れてみたら、
    ワサっといっぺんに大量の葉が落ちてしまいました。

    何事かと思い、他の枝も調べてみたら、
    葉の総量の7割8割の葉が落ちてしまいました。

    虫も病気も見られない健康そうな姿だったのに、
    あまりに突然の事で驚いているのですが、
    原因が一向にわかりません。

    思い当たる事といえば、その一週間ほど前に上げたハイポネックスくらい。
    しかし他の樹種はそれで元気にこそなれ、そんな症状は見せていないので、
    これが原因とはちょっと思えません。

    落葉後、そのまま枯れてしまうかとも思ってやきもきしていたのですが、
    そうではないようで、枝枯れもせずに、葉の付いていたスジだけ
    緑のままに残しています。

    無事二番目が吹いてくれればいいんですが・・・。
    原因がわからないというのは怖いですね。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 1   cm: 0

    年末恒例記念撮影 小藤  

    小藤_20111227

    年末恒例の一斉記念撮影を行い、
    ようやくちゃんとした盆栽の写真を撮る事が出来ました。

    ひと通り記事にするつもりですが、
    載せない木もあると思うので、
    ご覧になりたい方は、左の列の最下段、
    リンクの中の『Flickr my page』を見てみてください。

    過去の記事をさかのぼって調べてみたら、
    丸ひと月以上、マトモな盆栽写真がない有り様;
    これで盆栽ブログと呼べるのか・・・。

    それはさておき、記念撮影最初の木は、
    自分の棚場の一番のお気に入り、小藤です。

    秋口までは、自分の作った黒い丸鉢に入れていたのですが、
    針金を付けていなかったせいで、鉢がずれてしまったんですよね。

    木の出来から言っても、そろそろ本鉢に移しても良さそうな頃合いだったので、
    また同じ鉢に植え直すくらいなら・・・と、
    急遽先日作ったカブト鉢に植え替えました。

    ちょっと鉢が大きいですが、『活かすことが第一!』のうちルールでは、
    このくらいが丁度です。

    今年の春先は、小藤の枝先がどの程度芽を持つのか分からなかったために
    枝先がかなり放置状態で木が大きくなってしまいました。

    とはいえ小藤は葉が小さい上によく茂るので、
    あまり枝先を密にしなくてもいいんですよね。

    むしろ、混ませ過ぎると過密になって、
    見栄えも健康管理上もよくないので、
    鉢とのバランスを考えて、来年も維持管理で大丈夫でしょう。

    古さ、枝先の細かさ、幹芸、春夏秋冬、どこをとっても楽しめる、
    見ていて飽きない木です。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤 紅葉?  

    ※記事保存時のミスで、1970年投稿、となっていたので
     日付を変えて最投稿しました。

    気温が下がってきたせいか、
    小藤が徐々に葉の色を黄色く変えてきています。

    しかし最高気温はまだ25度はあり、
    紅葉するにはあまりに早すぎます。

    実際、よく見ると新芽も同時に出てきていて
    いわゆる紅葉ではない様子。

    先日マルチングを取り外し、
    根も非常に元気に育っているのを確認しているのですが・・・。

    去年の様子はどうだったのか、確認しようと思ったのですが、
    残念ながら、この時期撮った写真はナシ;

    折角長く盆栽ブログを続けているのに、
    肝心な時に役に立たないとは・・・。

    記録用途に使うのであれば、
    せめて四季毎に写真を残してやらないと駄目ですね;

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    針金外し  

    kofuji 2011-09-17

    春からずっと掛けていた針金を先日取りました。
    今年はどの木も成長がよく、針金が食い込みはじめていたので
    雑木も松柏も一旦全ての針金を外しています。

    写真の木は小藤。
    強めに枝を下ろしていた事もあって、
    枝が低い位置に落ち着いています。

    根本のネットが見苦しいですが、これは水切れを防ぐための
    マルチング(バーク)を押さえておくという大切な役目をしています。
    台風が通り過ぎるくらいまでは暑さが続くようなので、
    もうしばらくはこのまま。

    古木感を増し、ますますいい樹になってきてくれている小藤。
    葉があるうちに、一度回転画像でも撮ろうかと思います。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    小藤 植え替え  

    小藤 自作鉢に植え替え
    鉢が割れたまま放置していた小藤を植え替えしました。
    鉢は勿論先日作った物!

    作業前は、絵付けした方にしようと思っていたのですが、
    割れた鉢から抜いて実際に入れてみると、
    大きさも形も全然似合わず、急遽黒釉の丸鉢に変更。

    ただ、この変更がかなり当たりで、
    鉢の形状が樹形とピッタリ調和するのに加え、
    黒釉の締まった緊張感のある冷たい質感が
    小藤の涼やかな感じを引き立ててくれました。

    植え付け角度を以前検討していた状態に変えて、
    なかなかいい感じの落ち着きを見せています。
    足から見て、鉢の正面が全く合っていないのは、ご愛嬌;

    鉢合わせって、なかなか意外性があって面白い物ですね。

    category: 小藤

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。