鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    GW明けの棚場  

    クチナシを植え替えました。

    植え替え後、ところどころ黄色い葉が出てきていますが
    これは恐らく常緑葉の寿命。
    一度全葉刈りをしたため葉の黄色くなる時期が揃ったからだと思います。

    今年の春はとても気候が良かったので、どの木も生育順調。
    特にツルウメモドキがたくさんの花を付けているため、
    秋の実なりが期待できそうです。

    ウメモドキや紫式部も蕾をたくさん持ったので
    同じく実なりを期待したい所ですが、
    雄木や別の木をもっていないため、
    こちらはなかなか難しいかもしれません。

    棚場の作業としては、去年取り木をかけたコハウチワカエデが
    発根しているのを確認したため、切り離そうかと思っています。
    スポンサーサイト

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシの花が終わる  

    OM-D_20130630_048

    早くもクチナシの花が終わりそうですが、
    今年はもうちょっと楽しみが続きそうです。

    去年も駄目だったし今年も無理だろうなぁ・・・
    と思いつつダメ元で受粉作業をした数日後。

    まだ少し香りの残る茶色く萎れた花ガラを取ってみると、
    花の元部分が残って膨らんでいて、なんだか実が成りそうな様子。

    うまくいけば、秋にはエイリアンのタマゴのような
    クチナシの実が見られるかもしれません。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシの花  

    OM-D_20130609_011

    クチナシの花が咲き始めました。

    去年のクチナシは何故か香りが全くしなかったのですが、
    今年は部屋の中に居てもベランダから漂ってくるほどの強い香り。

    せっかくなので開花中の写真をアップしようと思ったのですが、
    その花の匂いに誘われて、小虫がいっぱい寄ってきていたので
    まだ沢山付いている蕾を一枚。

    クチナシは花もいいんですが、実もまた独特の良さがありますね。
    ただウチではまだ一度も花を付けたことがありません;

    そもそも受粉の仕方も知らなかったので、
    それについてネットで調べてみたのですが、
    あろうことか、例のクチナシの大敵、オオスカシバが受粉を助けてくれる
    とかいう記述を見つけました。

    一瞬で葉を喰らい尽くす最大の害虫が、
    その一方で実を付けるための手伝いをしてくれるとは・・・。

    他にも、蕾の中で既に受粉は終えているという記述などもあり、
    実際の所、どうやって受粉をさせたらいいのかは分からずじまい;

    まぁ花が開けば花粉はあるし、真ん中の棒状の部分が雌しべということもわかったので、
    近所に生えている別の花から花粉をちょいと拝借してきて
    異株同士で受粉させてみようと思っています。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    梔子2012-12  

    Kuchinashi_2012_12

    クチナシです。

    現在の鉢に植え替えた当初は根を強く切ったこともあって
    大きな葉が出てきてしまいましたが、
    根が詰まり始めたのか、今年の葉は小さく揃い、
    バランスの採れた姿となりました。

    現在の樹形・太さから言ったら
    ほぼ完成を迎えたといってもいいかもしれません。

    枝先の細かさも、コレ以上になると密度が高すぎて
    うるさく感じ始める頃合いなので、
    しばらくは維持管理して楽しんでいこうと思っています。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシ  

    梔子_20111227

    クチナシです。
    常緑樹なので葉は落としません。

    去年の冬のような奇形の葉も出ず、
    いい形の小さめの葉が揃っています。

    消毒を減らしたのと、天候が順調だったのが、
    木にとって良かったのかもしれません。

    去年鉢を変えた際にかなり強く根を追い込んだので、
    ちゃんと根付かせるために、あまり強い剪定をしていません。

    そのせいもあって、重心が左に寄って
    木が傾いているような印象を受けます。

    単純に、木の重心の観点から言うと、
    もう少し右に傾けるのがいいのかもしれませんが、
    立ち上がりや一・二の枝を考慮すると、
    植えつけ角度はそのままで、左上部分を少し剪定、
    右側の枝を下げつつ充実させて、
    重心のバランスを取っていくのが正解な気がします。

    クチナシは、芽吹きよし、枝分かれよし、樹勢強健と、
    非常に作りやすい木で、思うままに作っていく楽しさを味わえます。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    秋のクチナシ  

    最近また少しずつ葉の虫食いが増えていたので、
    じっくり探してみたら、例の奴らを発見。

    今回見つけたのは、1cmちょいくらいのが四匹も。
    まだ小さいですが、流石に四匹も居たら、
    かなりの量を食べますね。

    台風の到来と共に気温が下がり、
    そろそろクチナシの成長も鈍ってくると思われるので、
    葉を沢山残しておくためにも油断はできません。

    見落としもあるかも知れないので、
    ここ数日は、何度か観察が必要そうです。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    更にクチナシ  

    DSC023172

    朝、水やりをしていたら、クチナシの葉に今年も発見しました。
    緑色の宝石・・・ならぬ、緑色の卵。

    何の卵か知りませんが、今年は沢山付いてましたよ~。
    手で取るのにちょっと躊躇するくらい;

    しかし先日葉刈りしたおかげで
    どこに生み付けてあるか、とても見やすかったため、
    ひとつ残らず取り尽くしてやりました。

    数は数えていませんが、20~30粒は優にありました。
    もしこれに気付かず全て孵っていたらと思うとゾッとします;

    なにげに隣のカリンにも付いていたのですが、
    なにぶん朝の忙しい時間の事なので、
    こちらはパッと見で見える範囲しか確認できなかったため、
    帰宅次第、速攻で駆除しないといけません。

    毎日の観察ってホント大事ですね。

    なお、花は全部元から切っちゃいました。
    今年植え替えたばかりなので、
    花を咲かせるだけでも負担なのに、
    実まで付けちゃったら樹勢の低下は必至ですからね。

    花も見終わった事なので、花の季節には無粋だと思って
    葉刈り後も掛けなかった針金掛けをして、
    暑い夏の間に更なる樹格向上できるよう
    整枝してやろうと思います。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシ挿し木  

    クチナシ記事が続きますが、今度は挿し木の話です。

    5月に剪定した枝を挿し木してから約ひと月、
    早くも発根を確認しました。

    別に枝を引っこ抜いたわけではないんですが、
    根っこが切り口からではなく幹の途中から土に向かって出ていて一目瞭然。
    この生命力の強さには驚きました。

    こんな調子で発根されたら、そりゃ素材も安いはずです。
    テキトーに切った小枝、全て生き残っていますから。

    しかし実生なんかも含め、こうして小さな素材を作るのは
    自然の生命力を身近に感じられて楽しい一方、
    棚の密度はどんどん増して、管理は大変になっていくわけで・・・。

    嬉しい反面、なんだか後ろめたい気持ちになります;

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシ開花  


    仕事が佳境に入り、どうにもこうにも時間がありません;
    おかげで棚場も水やり以外ほとんどほったらかしで、
    どの樹も新梢が伸びっぱなしです。

    さてそんな中、クチナシの花が咲き始めました。
    DSC02303_resize
    去年はとてもいい香りがして驚くほどだったんですが、
    今年は何故か、ほとんど香りがしません。

    近所の地植えのクチナシも同様で、
    何十という花を咲かせているのに香り無し。

    こういうのって、何か気候が影響したりしているんでしょうか。
    最近起きた、影響が起きそうな事象と言えば例のヤツですが、
    まさかそんなにすぐ影響も出ないでしょうし・・・。

    こんな些細な事でも、何か今までと違う事があると、
    もしや・・・と思ってしまいます。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    クチナシ 葉刈りと植え替え  

    忙しさにかまけて更新が滞ってます;

    クチナシのつぼみ
    クチナシのつぼみが沢山付いています。

    去年は一つだけしか付かなかったんですが、
    今年は一気に五つ六つと沢山付いています。

    この木、今年は植え替えしていないんですが、
    丸一年植え替えしなかった木って、凄く樹勢が乗りますね。

    盆栽を始めた初年度は、技術の拙さもあって
    1年後もあまりいい結果にならなかったんですが、
    3年目の今年は、かなりいい状態でこの時期まで持ってこれたようです。
    クチナシ 葉刈り前
    そんなわけで、樹勢・気候が整い、かなりボサボサになってきた事もあり、
    先日作った鉢に植え替えしてみました。
    合わせて葉刈り・剪定も行いました(つぼみの付いた枝は残しています)。
    クチナシ 葉刈り後 自作鉢に植え替え
    心配していた鉢映りもそれほど悪くない感じです。

    このクチナシ、いい樹だと思って買ったものの、
    入手当初は正直どこから手を付けていいか判らなかったんですが、
    いまは盆栽を見る目が付いてきたのか、
    剪定するにしても、木を良くする方向に導いて行けている気がします。

    こうして葉刈りして幹と枝だけの状態にしてみると、
    どこをどうすれば、どのような形にもっていけるか、
    少しずつ見えるようになってきました。

    花後に不要枝を抜いて少し針金を掛ければ、
    また更に良くなってくれる木だと思います。

    category: 梔子

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。