鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    温かい日が続きます  

    6D_20140322_077_fix

    温かい日が続いています。

    盆栽を始めてからずっと、春先といえば温かいと思ったら急激に寒くなるという
    全く安定しない気候だったので、いつも低温障害が起きないかとヒヤヒヤだったのですが、
    今年は打って変わって芽吹き以来ずっと温かい日が続いています。

    おまけに週間予報を見ても、この先少なくとも一週間は
    ずっと穏やかな陽気が続きそうなので、
    この分なら一番敏感な芽出しの時期は無事通過できそうです。

    ただ・・・この暖かさも両刃の剣。
    というのもこの時期は空気が非常に乾燥するんですよね。
    おまけに風も結構吹くため、風通しの良い新しい土は一気に乾いてしまいます。

    そして根捌きを終えたばかりの少ない根がこの乾燥に見舞われてしまうと
    酷いダメージを受け、時にはそのまま枯死してしまいます。
    実は既にうちでも一鉢怪しい木が・・・;

    気候がよくても悪くても、
    盆栽というのは心配の種を常に抱えているものです;

    6D_20140322_104_fix
    スポンサーサイト

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替え  

    かなりの木が芽吹いてきました。
    まだ芽吹いていないのは、
    柘榴・サルスベリ・ケヤキ・ツタ・コナラ・クチナシ・松柏など。

    さて、相変わらず休みの日に天気が良かったら植え替えをやっています。
    今日はちょっと寒かったので、紫式部とツルウメモドキだけ。

    両方共完成レベルに達した観があるのでどちらも化粧鉢へ。
    ・・・といっても大した鉢ではないですが;

    紫式部の方はかなり大きくなっていますが、
    去年までの経験から芽摘みをすると実が付かない事がわかったため、
    更に大きくなるであろう事は想像に難くありません。

    そのため、もし今年実を付けたら
    一回大きく切り戻そうかな、と考えています。

    ツルウメモドキは枝密度十分。
    あとはたくさん実がなってくれれば・・・と思うのですが、
    この木はうちにもう一品あるイワウメヅルと違って
    なかなか実を付けてくれません;

    せめて次の植え替えまでには結実してほしい所です。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替えのたびに思う事  

    6D_20140315_082-3_fix

    盆栽の植え替えをする度に思うのは、
    『自分の行いのツケは、いずれ払わなければならない』という事です。

    と言っても、そんな大それた事ではありません。

    例えば、根本の悪さを見て見ぬふりしてそのまま埋め戻しても、
    次の植え替えの時に良くなっているわけはなく、
    いずれ始末をつけなければならない、といった程度の事なんですが、
    これが意外とバカにならないんですよね。

    そうやって先延ばしをしたために生じた『無駄な時間』は
    見つけた時に処置しておけば、無駄な時間どころか
    『良くなるための時間』に使えていたわけです。

    更に、悪い部分が土の下に隠された木を見る度に、
    心の中には『あぁ、この木の根元には、自分の気に入らない部分が埋まっている。
    それを自分は見て見ぬふりをしてしまった・・・』
    という後ろめたい気持ちが生まれ、精神衛生上もよくありません。

    植え替えひとつとってもこんな人生訓が学べてしまう、
    盆栽というのは奥深いモンです。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替え  

    久しぶりの温かい日曜だったので、頑張って植え替えをしました。
    今日植え替えしたのは唐楓三兄弟、米栂、木瓜(黒潮)、五葉松(瑞祥(小))。

    唐楓三本は前回の植え替えが2011年。
    根がパンパンに張り詰め、土がほとんど無いような状態でした。

    買ってきて最初の植え替え時は今回以上に根が回りきっていて、
    何年も植え替えてない木だと思ったのですが、
    三年程度でこの状態では、恐らく成長のいい棚場だったら
    三~四年くらいであのくらいになりそうです。

    もうかなり枝も混んできたので
    化粧鉢に植え替えて鑑賞準備に入ります。

    米栂はポット苗の木です。
    成長が遅くまだとても細いので、
    根を整理したあとはまたポット苗に逆戻り。

    木瓜は一度病気が発覚した木で、
    去年の成長も思わしくありませんでした。
    土から出してみるとやはり根の成長は全然で、
    休ませるために素焼き鉢に変更。

    五葉松(瑞祥(小))もまたあまり成長の良くない木。
    同様に根も全然張っておらず、軽くさばいて埋め戻し。

    植え替えの度に思うのですが、
    成長のいい木悪い木、かなりハッキリしてきています。

    棚場も狭い事ですし、そろそろ思い切って樹種を絞っていこうかな・・・
    という思いを強くしている今日このごろです。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替えはまだ?  

    E-M5_20140301_066

    3月に入ったのでそろそろ本格的に植え替えを始めようと思ったのですが、
    今年は去年とは違ってなかなか気温が上がりませんね。

    先週末から来週アタマまでの予報はずっと最高気温10度以下で、
    実作業に入れるのはしばらく先の話になりそうです。

    もっとも木の方もこの寒さに合わせて芽吹きが遅くなっているようで、
    去年の今頃は芽が緩み始めていたモミジなどもまだ芽は固く、
    寒い中、無理に植え替えをしなくても良さそうな感じなので
    ちょっとホッとしています。



    ・・・という記事を書こうとして2日ほど下書きのままおいておいたら、
    モミジやイボタなど、木の早い樹種はもう芽が緩んできていました;

    もう時期が時期だけに、気温は寒くても数日晴れの日が続くと
    やっぱり芽が開いてきますね。

    上にも書いた通り、週間天気で予報を見ると、
    最高気温がずっと10度以下&最低気温も2度3度なので、
    芽吹いてしまったらやばいレベルなんですが・・・。

    まぁ一度開いた芽は閉じられませんし、
    家の中に取り込むのも数が数だけにもう無理なので、
    あとは文字通り運を天に任せるだけです;

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    根詰まりと成長の関係  

    tamagawa_20131116_01

    急に寒くなってきました。
    雨と共に来る寒気は底冷えを伴うので、余計に寒く感じますね;

    棚場はごく一部の寒さに強い木以外は紅葉も終わり、
    葉を落としています。

    そういった木から順に株元を綺麗にして、
    来年植え替えする木をどうしようか考えています。

    今年は実験的な意味合いもあって、あまり植え替えをしませんでした。
    実験というのは、根が鉢一杯になった木の成長はどうなるか、というものです。

    一般的に、鉢古くなった木は葉が小さくなり節も短くなる、
    と言われますが、実際にそうなるのかを確認するために、
    根が回ってきている鉢でもわざと植え替えをせずにおいておきました。

    予想1。
    木の大きさに対して根の量が多くなるので、
    栄養が多く吸収でき、旺盛に成長をする。

    予想2。
    木の上部は根と同じように成長する、という言葉通り、
    根が詰まってくると、上部の成長は抑制される。

    今年植え替えをせず、おそらく根が詰まっているであろう
    紫式部・コナラ・唐楓*3・山紅葉・カリン・クチナシ・ツルウメモドキ・山葡萄
    などの樹種を見るに、予想2が正しい事がわかりました。

    これらの樹種全てにおいて、成長は抑制されて葉が小さくなり
    新梢の伸びも鈍く、初夏の剪定後は二番芽もほとんど出ない
    という結果になりました。

    例外として、イボタだけが根詰まり状態でもグイグイ伸びていました;

    今年に関しては記録的な猛暑の影響もあるとは思いますが、
    根が詰まれば木の成長も鈍化する、というのはおおむね正しいようです。

    水を吸いづらくなっている木が幾つかあるので、
    そちらを優先的に植え替えしますが、
    今回の結果を踏まえて上部ができてきている木に関しては、
    根ほぐしはそこそこに鉢替え・水通り改善程度の植え替えで行こうと思います。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    春の嵐  

    昨夜の東京は物凄い春風が吹き荒れました。

    強風は植え替えしたばかりの木にとって、
    固定してあるとはいえかなりのダメージ。

    木は固定していたので目に見える害は無かったのですが、
    それでも土の中の根は結構動いていたはず。

    大事な根の伸び始めを揺すられて、
    今後の成長がちょっと心配です。

    おまけに南からの強風は台風と同様
    大抵の場合海の水を引き連れてやって来るので、
    翌日の十分な散水が欠かせません。

    上の根の件もそうですが、パッと見は大丈夫でも
    二三日経つと新芽・葉が萎れだす事があるので
    確信がなくてもやっておくに越した事はありません。

    植え替え直後は乾燥以外にも気を付けなければならない事が
    沢山あります。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替えしない木の作業  

    植え替えをしない木も作業をしないわけではなく、
    根本周りを綺麗にしてやります。

    具体的な作業としては、以下のような感じです。

    1.根本を表に出す
      根本のコケ・藻を精密ピンセットで取り除き、
      ナイロンブラシでブラッシングして緑色の沈着等の汚れを除く。

    2.水通りを良くする
      表土をピンセットや根かきで少し掻いて
      崩れた肥料や苔・藻・ミズゴケなどを落とす。

    3.根張りを出す。
      夏の間のマルチング・ミズゴケによって上に浮いてきた根を
      ピンセットやブラシでほぐし、毛羽立った細根を切る。

    これらの作業をしてから陽に当てておくと、
    表土に浮いた、あまりに細かい細根は乾燥によって枯れ、
    一方で根張りとなっていく元気な中太根が残り、
    そちらは陽に当たって太っていきます。

    ※水を吸ってくれる細根は土の下に伸びているので
     問題ありません。

    単に根本を綺麗にするだけならみんな行なっている作業ですが、
    うちではマルチングなんかをしているので
    特に『3』をやらないと、マルチングに侵食してきた根によって
    根元がすり鉢状に埋まっていくので欠かせません。

    綺麗になった株元を見るのは気持ちのいいもんです。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替え開始  

    この週末で植え替えを行いました。

    先週末に植え替えしたのは
    真柏・実生モミジ・ケヤキ・柘榴・ローズマリー・根を傷めた五葉松など。

    去年までは、見た目云々よりもまず『枯らさない』を最優先事項として
    大きめの鉢、深めの植え付け、ミズゴケ・マルチングによる湿度維持を行ってきました。

    それによって、去年は一本の木も枯らさずに過ごす事ができたのですが、
    この管理法は、木を枯らさない反面、見た目においてはかなりの部分、
    目を瞑らなければいけません。

    鉢上に本来あるべきでないものが乗っていますし、
    深植えのため、肝心の根張も見えません。
    更には鉢上のバークやミズゴケ等の影響で
    根が木の根本より上に進出し、
    根張り位置がすり鉢状に凹んでしまったりもします。

    ただ、こういった特殊な管理をする事で、
    自宅の乾燥した環境でも適切な環境さえ維持できれば
    かなり小さな鉢でも木を枯らさずに済む事が分かってきました。

    そんなわけで、今年は『根張り作りのための植え替え』をテーマに
    植えつけ位置をかなり浅めに変更しました。

    植え替え直後の乾燥は確かに怖いのですが、
    その時期さえ乗り切れば、根は結局下へ下へと伸びていくので、
    いま高植えしたとしても結果的には根は鉢底に集中し、
    培養条件は深植えの時と殆ど変わらなくなります。

    それに深植え&マルチングをして根張位置が凹んだ時は、
    根張位置から上に出てしまった根は全て切っていましたが、
    その作業が要らなくなるので無駄になる根が出ず、成長もいいはず。

    去年の植え替えで、既に根が充実していた幾つかの木は
    そうやって高植えしていたのですが、
    問題無いどころか非常に結果も良かったため、
    今年は全体にそれを適用する事に決めました。

    梅雨に入る頃までは油断出来ませんが、
    それを乗り越えた木は、より立派な根張を得られるのではないかと
    期待しています。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    植え替え準備  

    昨日今日と、陽が出ている間は
    かなり暖かくなってきている事もあり、
    徐々に芽吹きが進んでいます。

    山モミジも芽が緩んで来ていますし、
    甲州野梅も小さな芽を覗かせています。
    盆栽ではないですが、ブルーベリーも開花寸前。

    というわけで、そろそろ植え替えの準備をしなきゃいけません。
    植え替えというのもいきなり作業するわけではなく、
    事前準備が結構大事です。

    例えば道具。
    植え替えは大抵根切や剪定を伴いますが、
    切れ味の悪いハサミ・股枝切りでは作業も仲々はかどりません。

    土もそうです。
    盆栽の用土というのは既にそれ用に配合されたものもありますが、
    大抵はいくつかの土・砂等を混ぜて作ります。
    作業途中でこれが切れている事に気付いた時の
    『うわ~;』感はかなりのものがあります。

    ミズゴケも忘れちゃいけません。
    コレが無いと、高植えした鉢なんかは
    水やりを重ねるうちに土がこぼれて悲惨な事になります。
    単に用意するだけではなくて、目の粗いフルイを使って
    細かくしておくのがキモ。
    自分の場合は植え付け後に乾燥状態のものをふりかけてから、
    噴霧器の柔らかい散水で落ち着かせます。

    鉢は書くまでもないですが、
    完成に近付いた木には、鉢映りの良い化粧鉢を用意しておきたい所。
    適した鉢が無いからと言って、また駄温鉢に入れてしまっては
    鑑賞適期を逃してしまいます。

    こうして書いていると、
    まだひと鉢も手を付けていない自分も
    そろそろ気が急いてきました。

    今年も十分な成長をさせてあげるため、
    いい準備、いい植え替えをしてやろうと思います。

    category: 植え替え

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。