鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ゆずり葉  

    紅花常磐満作が寒さにめげず、順調に芽吹いています。

    紅花常磐満作はその名の通り常緑と言われてますが、
    これ、いわゆるゆずり葉なんですね。
    芽吹と共に、去年の葉はほとんどすべて落ちました。

    これとは別に、ブルーベリーも落葉しなかった木があるんですが、
    この樹も同様にゆずり葉的に、古い葉を落とし始めています。

    こういうのも、太陽光を無駄にしないための植物の選択なんでしょうか。
    虫に花粉を媒介してもらう仕組みといい、
    植物も何らかの意志を持っているんだと感じます。
    スポンサーサイト

    category: 紅花常磐満咲

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    トキワマンサク元気なし  

    トキワマンサクがあまり元気がありません。
    まぁ真冬も真冬なんで、当然なのかも知れませんが;

    やっぱりこの季節は保護室入れておいた方がいいのかなぁ・・・。
    去年は葉刈り後、えらい樹勢を落としてしまったので、
    今年は樹勢付けに勤めようと思います。

    category: 紅花常磐満咲

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    日誌  

    昨日帰宅してみると、鷹の爪が葉を萎れさせてションボリしていたので
    大急ぎで水をやりました。
    そしたら翌朝にはシャーン!としていて、なんとも現金なものです。
    ついでに、昨夜は雨と共に風が強かったので、
    前述の鷹の爪と共に、背の高いのを下に下ろしておきました。

    今朝は雨が降っていた事もあって、特に作業は無し。
    紅花トキワマンサクは、植え替え後だったものの、
    順調に葉を出していました。

    盆栽園の日誌を見ていると、芽吹いた物は植え替えは来年回しにしたりしているので
    この木の管理はどうしようかと悩んでいます。
    まぁ既に植え替えは済ませてしまっているので養生させてやるくらいしかないんですが。
    こういった、プロならではの『手を出さない』という管理も見習わなくては。

    ちなみに紅花常磐萬咲は盆栽用養生鉢ではなく通常の鉢に植えてしまったので、
    その葉姿と色合いも相まって、盆栽というよりは鉢植えといった感じです。

    category: 紅花常磐満咲

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    紅花常磐満咲  

    紅花常磐満咲はいい!
    樹勢が強く、枝打ちが細かく、葉は丸みを帯びてかわいく、
    満開の花は、紫の枝垂れ花火のようです。

    人は物を認識する時、まず色を見るといいますが、
    その色の点に於いて、紅花常磐満咲は異彩を放っています。
    芽出しからして深いボルドーカラーで、
    その花は鮮やかで深いピンクパープル。
    どちらも自分のとても好きな色です。

    今手元にあるのは直幹の20センチほどの物が一本、
    挿し木まがいの小さな物が二本。

    どれも将来が楽しみな木です。

    紅花常磐満作

    category: 紅花常磐満咲

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。