鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    コハウチワカエデ 取り木  

    コハウチワカエデに取り木をかけました。

    元が園芸品なので、接ぎ木な上に幹がまっすぐという、
    このまま育てても『盆栽』としての将来が見えない木だったので、
    思い切って、曲が作れる位置での取り木です。

    盆栽というものは、惰性で素材を育てていても
    大きな『鉢植え』化していくだけで、
    どこかで思い切らないと『盆栽』にはなっていきません。

    広い庭でもあれば、そんな木も残しておけますが、
    狭いベランダ棚場では、そんな余裕もありません。

    厳しいですが、頑張って根を出して、
    自ら樹格を上げてくれることを期待しています。
    スポンサーサイト

    category: 取り木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    今年の取り木予定  

    今年取り木をかけようと思っているのは、
    獅子頭紅葉・唐楓・黒松の三本です。

    取り木をかけようと思っている獅子頭は二本あり、
    一本は中品の樹冠部を取って小品にする予定。
    もう一本は元々取り木モノなのですが、
    根張り位置がこんもりと膨らんでいて見栄えが悪いので、
    もう一段低くして、なだらかな立ち上がりにしようと思っています。

    唐楓も同じく取り木モノのこんもり状態なので、
    同じような処置を施すつもりです。

    黒松は、まだ細幹で取り木に耐えられるか判らないのですが、
    足下が片根でこのまま育てていても将来はなさそうなので、
    この取り木に賭けてみようと思います。

    でも取り木モノって、本来の樹にあるべき、幹から根への流れができないので、
    あんまりいい感じにはならないですよね。
    先日盆栽雑誌にケヤキの作り方、根張りの作り方が掲載されていましたが、
    正直あのコブまがいの根張りに魅力は感じません。
    紅葉や楓によくある馬鹿みたいな盤根も同様。

    盆栽が自然寿の縮小を目指すのであれば、
    あんな不自然さは真っ先に取り除くべきだと思うんですが・・・。
    技術に走りすぎて、まさしく木を見て森を見ずって感じですね。

    category: 取り木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    取り木、成功か失敗か  

    ネットを回っていたら、取り木についてのサイトを見つけたんですが、
    それによると、『一度確認してみて』云々の記述がありました。

    家にあるカリンの取り木日本、あまりに発根が見られないので(二ヶ月ほど)
    不安になっている所にこれを発見したため、今夜にでも一回根本を見てみようと思います。
    小さい方は袋が緑色、大きい方は一度乾かした前科有りと、正直不安いっぱいですが・・・。

    category: 取り木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tag: 取り木  カリン 
    tb: 0   cm: 0

    ニレケヤキとカリン(小) 取り木  

    雨。
    水やりもほとんど無し。
    ===========================================
    ニレケヤキとカリン(小)に取り木を掛けた。
    うまく発根してくれればいいなぁ。
    今回は、アルミホイルで巻いて暗くしてみた。
    効果あればいいけど。

    category: 取り木

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。