鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    夜間撮影  

    shinpaku_20140401
    ストロボ使用


    my bonsai "shinpaku"_20131117
    自然光

    デジカメ用のストロボを買ったので、
    テストを兼ねて久しぶりに盆栽撮影をしました(写真上)。

    夜でもある程度は綺麗に撮れるようになったんですが、
    光の回り方がイマイチで、ぶっちゃけ昼間に撮ったほうが綺麗に撮れるかも(写真下);

    自然光で撮った方は、サイドから逆光気味に光が入ってくるため、
    木に立体感が出るんですよね。

    当たり前ですが、光量も全然違うので、
    全体に光が回って柔らかい光に包まれています。

    背景のボードも、自然光の方は穏やかなグラデーションになっていますが、
    ストロボの方は、グラデーションになってはいても、
    横一列に強い光が入っています。

    複数のストロボを使えば希望通りの撮影ができそうなんですが、
    そうなると時間・天候に縛られず、『お手軽にいつでも撮影』という
    ストロボの導入目的が変わってきてしまうし・・・。

    もっともまだ導入したばかりなので、
    一灯でも綺麗に撮れるいい方法があるかもしれません。

    しばらくは試行錯誤が続きそうです。
    スポンサーサイト

    category: 真柏

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    五葉松植え替え  

    前回の植え替え後、成長が思わしくなく、
    葉はダラダラと伸び、あげくに新芽も黄緑色のまま
    固まらなかった五葉松です。

    ただこの木、前回の植え替え前はとても元気に成長していて
    鉢内は菌根菌でいっぱいだったんですよね。

    心配しながら鉢から出してみると、嫌な予感が的中。
    菌が無いどころか鉢中の土はほぼ崩れて加湿状態。
    当然根もほとんど回っていませんでした。

    過去ログを見てみた所、調子の良かった時は
    砂多めの用土で植え替えしていたようですが、
    次の植え替え時は保水を気にして通常の土で植え替えしたようです。
    管理はほぼ変わらないのに、用土の違いでここまでの差が出るとは・・・。

    五葉松の気難しさを実感した植え替えでした。

    category: 五葉松

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    五葉松の針金  

    6D_20140216_046

    多分一昨年くらいにかけた針金ですが、
    喰い込んではいないのでそのままにしてあります。

    松は癖がつきにくいため長期間つけっぱなしにしている、
    という理由もあるのですが、その他の理由として、
    松にとっては皮が見所の一つであり、
    素人仕事で何度も付け外しして
    その皮が剥がれてしまうのが嫌だから、
    という理由もあります。

    ただ、こうしてずっと巻きっぱなしにしていては
    その部分の皮が綺麗に剥けないのでは・・・という懸念もあり、
    どうしたらいいものか、幹肌を見る度に思案しています。

    全然別の話になりますが、ソチオリンピック、開催中ですね。
    自分が開発に携わっていたゲームがソチオリンピックものなのですが、
    開発自体はオリンピック開催の遥か前に終わっているため、
    なんだか変な気分です。

    オリンピックの会場なども実物を見ずに作っているので、
    実際の競技会場と見比べながら、通常の視聴者とは全く別の視点で
    一喜一憂している日々です。

    category: 五葉松

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    20年に一度の大雪  

    今日は朝から雪模様。

    10年に一度とか20年ぶりとかいう予報を眉唾で聞いていたのですが、
    今これを書いている夜になってもずっと降り続けています。

    そのため、朝起きた時は『風情があるな~』
    E-M5_20140208_014-2

    なんて言っていたのが昼には『よく降るなぁ・・・』
    E-M5_20140208_053

    になり、仕舞いにはこんな感じに;
    E-M5_20140208_055

    まぁ小さな盆栽の事、枝に乗る雪の量も知れているので
    明日朝までほったらかして、どんな様子になるか見てみます。

    category: 真柏

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    久々に写真撮影  

    6D_20131117_012_fix

    今日は天気が良かったので、久しぶりに盆栽の写真を撮影しました。

    しかし撮影環境をセットした後に気づいたのですが、
    紅葉が綺麗に出ていない木というのは
    傷んだ葉ばかりが目立って単にみすぼらしい木になってしまうため、
    この時期は自宅棚場にとって、全く撮影に向いていない時期でした;
    近いうち、葉を落としたあとの姿も撮影する事になるでしょう。

    それはさて置き、まずは真柏。
    この木は自宅に来てからかなり形を変えています。

    → 購入当時の姿

    今年は取り木をしたばかりなので針金かけをしていません。
    そのため枝葉がバラついていますが、大体の骨は見えてきた感じです。

    左一の枝周りに細かい枝が多く付いていてボサボサしているので
    もう少し枝元を整理して棚枝を作っていこうと思います。

    頭は枝数も十分なので、針金で整えたらあとは自然に出来てきそうな感じです。

    所々、葉の付いていない枝がありますが、これらはジン用。
    根がキチンと座ってなかった所に枝ムキ作業は
    ちょっと負担が大きそうだったので、
    枝葉だけ落として乾燥させています。
    作業は来年あたり行う予定。

    category: 真柏

    tb: 0   cm: 0

    空梅雨 真夏 五葉松  

    OM-D_20130706_071

    今年は空梅雨だなぁ・・・と思っていたら、
    早くも梅雨が開けてしまいました。
    なんでも例年より3週間も早いとか。

    梅雨明け後の暑さも記録的で、
    今日は39度を記録した場所もあったようです;

    そういえば2週間ほど前に会社のそばでセミが鳴いていて、
    その時は『さすがに早すぎだろ!』と思いましたが
    こうして早すぎる梅雨明けを向かえるに至って、
    野生の生き物の勘というヤツに、今更ながら驚きました。

    さて、今日の記事は五葉松の瑞祥。

    うちには大小2本あるのですが、成長の傾向がかなり違います。

    小さい方は、締まった葉に新芽がモリモリできて、
    間引いてやらないと混み過ぎな程。

    大きい方は、去年までは元気が良かったんですが
    今年の春先からちょっと調子を崩し、新芽の伸びも今ひとつ。
    新葉も少し色が薄くなっています。

    去年は大きいほうが調子が良かったのに、
    今年は反対になっています。

    こうなった理由は大体想像がつきます。
    多分ですが、大きい方は調子が良すぎて土の中に
    松の共生菌が繁茂しすぎてしまったんだと思います。

    前回の植え替えの時に気付いたんですが、
    松の共生菌は、松を健康にしてくれますが、
    一旦乾いてしまうと水をなかなか吸い込まないようになってしまいます。
    これが今回の空梅雨も相まって、逆に被害を大きくしてしまったようです。

    その一方で、小さい鉢。

    大きな鉢と同じように共生菌は元気に育っていると思うんですが、
    こちらは土が新しくて水通りがとてもいいんです。

    そのため中の水分バランスがちょうどいい状態に保たれ、
    健康な生育に結びついたんだと思います。

    幸いな事に、真夏は五葉松の植え替えができる時期のようなので、
    水通りの改善のため、古土を落として水通りの良い新しい土に
    入れ替えてやろうと思います。

    category: 五葉松

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    五葉松 芽摘み  

    しばらく忙しくてブログも盆栽も手を付けられませんでしたが、
    昨日は五葉松の芽摘みをしました。

    去年までは自宅の五葉松は成長があまりよくなく、
    元気よく伸びる芽というものを見たことがなかったのですが、
    今年は特に瑞祥が元気に伸び出していて嬉しい限りです。

    しかし前述したように、五葉松の芽摘みというものをした事がないため、
    どうやったらいいか分かりません。

    久しぶりに盆栽書籍を引っ張りだして、
    五葉松の項をめくってみます。

    どうやら3分の1ほどの位置で折り取れば
    いいらしい事が判ったので、早速実行。

    ただ、折り取る、と簡単に書いていますが、
    下手に繊維質の芽だったりすると、
    折った時に先端が潰れて良くないかもしれないので、
    作業自体は慎重に行いました。

    そのため、まず3分の2ほどの位置で練習。

    そ~っとやってみると、思いのほか芽はもろく、
    ポキっという感じで、思った箇所で折り取れました。
    雰囲気的にはベビーコーンみたいな感じです。

    簡単に折り取れる事を確認したので実作業を開始。
    長い芽を折りつつ、あまりに沢山の芽を持った箇所は整理します。

    目立つ所はひと通りやり終えたので、
    後はまた伸びてきたら随時芽摘みを行います。

    category: 五葉松

    tb: 0   cm: 0

    五葉松(瑞祥) 新芽  

    Goyoumatsu(五葉松・瑞祥・新芽_20130316)

    五葉松も、徐々に新芽を伸ばし始めています。

    小さなコンペイトウのような芽が大きくなり始めているのを見ると、
    ちょっと感慨深いものがあります。

    というのも、自宅の棚場では五葉松は本当に鬼門で、
    まともに育った試しがないんですよね;
    いつも調子を崩してしまい、翌春の新芽も伸ばせないほど。

    それが今年は打って変わって、枝という枝の先端に新芽がついて
    今にも伸び出しそうな勢いです。

    もっとも旺盛に成長しているのは4本ある五葉松のうち
    二本の瑞祥だけで、残る二本は全然なんですが;

    残る二本も今年のうちに調子を戻して
    来年こそは、皆揃って元気な新芽を見たいです。

    category: 五葉松

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    真柏 続報  

    OM-D_20130307_003
    真柏(正面)

    先日植え替えした真柏です。

    植え替え後、蒸散を抑えるのも兼ねて、
    結構伸びていた葉を整理し、幹・枝模様がよく見えるようにしました。

    この木は一の枝・二の枝の箇所に複数の枝が出ていて
    すぐに葉がコンモリしてしまいます。

    単に棚枝を作るだけならそれでいいのですが、
    枝筋も木の姿を決めるポイントの一つ。

    いずれは1~2本に絞る必要があるので、
    まずは絶対要らない枝から落としつつ、
    将来の完成形に向けて、作業していきます。

    OM-D_20130307_001
    真柏(背面)

    category: 真柏

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    真柏  

    去年、取り木からの切り離しを行った真柏。
    片根だったので、根を作るために深植えにしてありました。

    根は期待通り、沢山出ていました・・・が、
    やはり片根は解消されず;

    ただ、わずかながら希望の光も。
    シャリ幹を作った部分の根本側が盛り上がり、
    癒合していました。

    片根になった当初は
    このシャリ幹の元部分が駄目になってしまったと思い、
    諦めていたんですが、生きた組織があるのなら話は別。
    運が良ければここから発根し、
    ちゃんとした根に成長するかもしれません。

    ミズゴケで湿度を維持できるようにして、
    あとは運を天に任せます。

    追記:根接ぎって手もあるんだなぁ・・・。
    真柏の根接ぎはよく行われる事らしいので、
    細い苗を見つけたら検討してみようと思います。

    category: 真柏

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。