鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    葉刈り  

    ベランダ直置きの鉢があまりに増えてきて、
    洗濯の時など邪魔で仕方なかったので、
    一旦戻した鉢と、追加して幾つかを再度裏へ持って行きました。

    裏とはいえ、先日も書いたようにいますんで居る所の裏のベランダは、
    朝の数時間は表よりも陽が良く当たるくらいなので
    日照に関しては、そこまで心配しなくて良さそうです。

    裏に持って行ったのは、ミニトマト*4・紅葉(三笠山)・ニレケヤキの親・
    ブルーベリーの小・ヒメコブシ。

    今日の晩、先日注文したハサミが届きました。
    箱から出してみると、流石大阪は堺の刃物、刃は厚く重く、
    噛み合わせも絶妙で、無茶苦茶切れそうです。
    試しに厚紙にはさみを入れると、全く抵抗なく刃が入ってビックリ。

    切れすぎて、小品ばかりのうちではちょっと心配になるほどでしたが、
    切れないハサミで枝をこじってしまうよりは余程いいので、
    早速葉刈りに使用してみました。

    う~ん、バネが効いているのと指をかける留め金があるのとで、とても具合がいいです。
    ちょっと大きいのですが、自分にはそれが丁度良く、
    芽切りばさみではバチン!と行ってしまいがちな、
    堅くなってしまった葉を落とすのに、いい感じです。
    調子に乗って、イワシデふた鉢、ケヤキふた鉢をあっという間に丸裸にしてしまいました。

    イワシデは、葉刈りしないというのが定説らしく、自分も枝枯れを恐れて
    手を付けなかったのだが、今月の盆栽世界を読むと、イワシデはケヤキと並んで
    葉刈りに向く樹種だと書かれていたので、安い木だった事と、
    一鉢は、葉が丸まってしまっていた事も手伝い、葉刈りをかけました。

    そのイワシデ。葉刈りをする前は、葉が丸まっている方は
    えらく枝が込み入っていて、購入、失敗したなぁ・・・と思っていたのですが、
    裸にしてみると、何ともいい所に枝が沢山出ていて、
    針金かけてみると、非常にいい枝模様となりました。
    これで更に枝別れが細かくなっていけば、かなりいい木にできあがりそうです。
    スポンサーサイト

    category: 岩四手

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。