鱸の盆栽日誌

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    カイガラムシ  

    今年も残す所あと一日。
    大半が葉を落とした盆栽ですが、よく観察してみると
    この寒い時期になっても害虫が付いているものを発見します。

    盆栽に害虫はつきものですが、
    自宅棚場において、特に嫌なのはカイガラムシ。

    カイガラムシにも何種類か居るのですが、
    ワタのような白いカイガラムシはとても目立ちますし、
    取り付く力も弱いので、細いブラシや噴霧器の集中放水等で
    駆除もしやすく、そこまで嫌な害虫ではありません。

    嫌なのは、非常に薄い、一見しただけでは
    どこに居るのかわからない奴です。

    薄い黄色で、大きくても直径5mmほど。
    葉に付いていても、パッと見ただけでは葉についた汚れや班と見分けにくく、
    ジ~っと目を皿のようにして見ないとなかなか発見できません。
    ・・・というか、知らなかったらそこに居たとしても発見できないのでは。

    こいつを初めて見つけたのは、以前枯らしてしまった台湾ツゲの葉。
    その頃はこんな虫が存在すること自体を知らなかったため、
    グングン弱っていく木を前に、何もできませんでした。

    そして木がほぼ枯れてしまった頃、
    原因がわからないまま木を枯らしてしまった事に納得がいかず、
    木をつぶさに観察して、ようやくこのカイガラムシが
    大量についているのを発見しました。

    このカイガラムシが嫌なのは、発見しづらい事に加えて
    非常に駆除しづらい点です。

    通常の薬はその名の通り、体を覆った殻でガードされてしまいますし、
    ガッチリ食い付いているので噴霧器の水流を一本に絞った
    強い水圧でも取れません。

    唯一の方法は、爪でひっかくこと。
    シールを剥がすようにカリカリやって、ようやく引き剥がすことができます。
    数匹ならいざしらず、木の葉全体に付いていた日には・・・。

    薬なら一網打尽にできるのかもしれませんが、
    自宅棚場は現在無農薬キャンペーン中。
    今は見つける度に爪でカリカリやっています。
    スポンサーサイト

    category: 害虫

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    カイガラムシ  

    以前書いたように、今年はほとんど消毒をしていないのですが、
    害虫が全く付かないわけではなく、やはり虫は発生します。

    今盛んに発生しているのは、コナカイガラムシ。

    毎日水やりをしながら観察して、
    気になった奴は筆で払い落としているので
    木が覆われてしまうような大発生には至っていないのですが、
    払っても払っても、一週間もすると、どこからともなくやってきます。

    払い落とすのに便利なのは噴霧器です。
    ノズルの強度を調整し、一点集中の水流にすると、
    筆で払えない入り組んだ箇所も、一気に綺麗に出来ます。

    吹き飛ばすという手段ではエアダスターなんかも考えたんですが、
    あれはガスの気化熱で凍結する恐れがあるので却下。

    噴霧器も、パワー調整を間違えると
    薄い葉に穴が開いたりする事がありますし、
    そこらじゅうが水浸しになるので欠点もあるのですが、
    筆で一匹一匹落とすよりは楽なので、
    カイガラムシが目立ってきた時は、噴霧器で一気に駆除しています。

    コナカイガラムシは、害虫の中ではまだ駆除が楽な方ですね。
    色が白くて目立ちますし、主に、硬い木の幹や枝に付くというのも
    駆除が楽な理由の一つです。

    アブラムシは主に葉や新芽に付くので
    噴霧器の水流で駆除しようとしても、葉が水流で弾かれて、
    集中して駆除できないんですよね。
    筆やブラシで落とすにも、やはり葉が動いてしまうのでやりにくいですし。

    でもまぁ虫が活動する期間もあと少し。
    落葉時期を迎えるまでの辛抱です。

    category: 害虫

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    カイガラムシ  

    今年は病気も害虫も少なく、生育は順調そのもの、と思っていたんですが、
    よく見ると、枝葉の隙間に白い綿のようなものが・・・カイガラムシです。

    まぁ堅めの筆なんかでチョイチョイすれば
    すぐ取れてしまう程度しか付いてないんですが、
    放置するのも問題なので、見つける度に
    チョイチョイと除けてます。

    しかしこんなマンションのベランダにどうやって来るんでしょうね。
    自然発生的に生まれてくるとしか思えません。
    それともコレは幼虫で、成長したら羽虫になったりするんでしょうか。
    何とも謎な生物です。

    category: 害虫

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    イモムシ  

    先日も書いたように、クチナシにイモムシが付かないように
    毎日点検していたんですが、気付いたら、結構大きいのがくっついてました。
    ・・・となりのイボタにw

    イボタは去年からこっち、全く虫が付かなかったので
    完全にノーマークだったのですが、
    隣のクチナシと間違えたのか、オオスカシバの幼虫が付いて、
    葉をモリモリ食ってました。

    イボタは傷の療養中で伸ばし放題にしていたため、
    見るために仕立てていた樹じゃないのでまだよかったです。
    これがクチナシだったら常緑樹という事で、
    来年まで痛々しい姿になっていた所。

    もう一匹は、バジルに付いた、シャクトリ虫。
    こいつがまたしたたかなヤツで、
    昼間は幹にまるで枝のように斜めにくっついてるんです。

    どちらもベランダから下の植え込みに投げておきました。
    運がよければ来年また会える事でしょう。

    category: 害虫

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    アブラムシ  

    唐楓
    【唐楓】

    今朝見たら、長寿梅(紅)の葉にアブラムシ?がいっぱい集っていたので、
    オルトランCをシューシューとかましてやりました。
    帰宅時には消え去っていればいいなぁ。

    植物の病気も、こうやって目に見える原因を除けば
    全快すればいいのに。

    category: 害虫

    thread: 盆栽 - janre: 趣味・実用

    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。